top_line

頑張る人は餃子がもらえる! 大阪王将の「ゴチ餃子」がスタート

食楽web

食楽web

 昨年、創業50周年を迎えた餃子専門店『大阪王将』では現在、「ゴチ餃子」というとても興味深い取り組みが開催中。「え!一体どんな餃子なの?」という声が聞こえてきそうですが、これ、メニュー名ではないのです。「ゴチ」とは「ごちそうする」こと。大阪王将の餃子を、世の中のがんばっている人たちにごちそうしようという企画なのです。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、世の中全体が暗いムードになっています。春夏の甲子園での高校野球やインターハイが中止になりました。多くの若者が夢を断たれても次の目標に向けて必死にがんばっています。リスクを顧みず、感染者の治療にあたる医療従事者のみなさん。休校などで大変な苦労をされている親御さんたち──。

応援したい人にこの券で餃子をゴチできます

 そんな人たちに美味しい餃子を食べてもらって元気になってほしいというのがこのゴチ餃子のコンセプトです。大阪王将の創業者・文野新造氏は「餃子ひと皿あれば明日は笑って生きていける」と口癖のように語っていたのだとか。そんな創業者の想いに沿った企画なのです。では、がんばっている人に餃子をごちそうするとは、具体的にどういう方法なのでしょうか。

(1)全店舗にて先着100名に大阪王将が餃子ひと皿ゴチ!

店内の特設ボード(イメージ)

 大阪王将を展開する、イートアンド株式会社・代表取締役会長の文野直樹氏が、創業者の想いを胸に、ポケットマネーで餃子をごちそうするというもの。大阪王将の各店舗内にある特設ボードに文野氏の似顔絵入りの〈ゴチ餃子券〉が貼られており、これを自由にはがしてオーダー時に提示すれば、餃子ひと皿を無料でゲットできるのです(ゴチ餃子のみのオーダーは不可)。各店舗で100名の利用が終了するまで実施されます。

(2)ゴチ餃子券の販売

この券で先着100名が餃子ひと皿ゴチになれます

 がんばっている誰かに餃子をゴチしたい!と思っている人が〈ゴチ餃子券〉を購入し、ゴチしたい相手にプレゼントするというもの。購入者本人は使用できないので要注意です。餃子券に購入者の名前を記入し(ニックネームもOK)、ゴチしたい相手への応援メッセージを書き込んで店内のボードに貼りつけます。来店した他のお客さんがそれをはがして使用し、餃子ひと皿をゴチになるわけです。もちろん店外で直接手渡ししてもOK。

 ゴチする相手は誰でもよく「ちょっとがんばっている人全員」が対象とのこと。医療関係者や高校球児などのほか、家庭で介護をがんばっている人、ダイエットをがんばっている人、いつも近所の掃除をしてくれている人など、応援したい、感謝の気持ちを伝えたい人すべてがゴチの対象です。

 さて、この記事を読んでくださった方は、どんな人に餃子をゴチしたくなったでしょうか。筆者は中学生や高校生などの若い人たちです。部活動が思うようにできない、受験勉強もうまく進まない、修学旅行も入学式も卒業式もあきらめた……など、このコロナ騒動でいろいろなことを我慢して、それでも目標を持ってがんばっている人たちです。

 ゴチ餃子券は西日本245円(税込)、東日本265円(税込)で、大阪王将各店舗で購入できます。1枚買うともう1枚無料でもらえる「倍付け特典」もあり、かなりお得。ゴチ餃子券の販売は9月30日(水)まで、券の利用は12月31日(木)までです。詳細は大阪王将・ゴチ餃子の公式サイトをご覧ください。

(取材・文◎松本壮平)

●お問い合わせ

大阪王将・ゴチ餃子公式サイト

https://gochigyoza.jp/

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル