top_line

きゃっきゃうふふがすぎる!裏庭でキツネの大家族が遊んでいた件(アメリカ)

カラパイア

ディズニー映画のような光景が自宅裏庭で
キツネの大家族が裏庭で遊ぶ image credit:facebook

 警戒心が強い一方で社交性もあり、人間によくなつく個体もいたりするキツネ。飼いならすのは難しいが、遠くからその姿を見るだけでも癒されるものだ。

 アメリカのあるご家庭の自宅裏には、キツネの大家族が良く遊びに来るようで、その姿はまるでディズニー映画のようにファンタジーなのだ。

 引っ越してきてまもなく、家にいながらにして子ギツネのじゃれ合いまで見られるようになった一家は、コロナの自粛中もキツネファミリーの幸せな日々を自宅から見学。おかげで全員がキツネの素晴らしさに目覚めてしまったようだ。


引っ越してびっくり!裏庭にキツネファミリー現る


 楽しそうに遊んでいるキツネたち。この動画は今月初めにイリノイ州エルムハースト在住のショーン・デイビスさんが庭に来ていたキツネたちをFacebookに投稿したもの。

 ショーンさんと家族は今年5月にこの家に引っ越して来たばかりだった。その後まもなく裏庭をぶらつく2匹のキツネを目にした時の驚きはかなりのものだった。

 「キツネの子どもたちを初めて見たんですよ。住宅地のど真ん中にあるこの家にキツネがやって来るなんて本当にびっくりしました」

スクリーンショット-(1510)
image credit:facebook

 その時のキツネたちが仲間たちに面白い場所があると知らせたのか、訪れるキツネの数は徐々に増え、やがては大所帯で定期的にやってくるようになった。

 常連になったファミリーはキツネの両親と5匹の子どもたち。ほぼ毎日来ては休んだり遊んだりして一家を楽しませてくれた。


コロナの自粛中もキツネファミリーに癒されて


 静かな環境にあるフェンス付きの裏庭は警戒心の強いキツネにも安心できる場所らしく、ほぼ一日中滞在していた。

 朝は遊んで昼は木陰で丸くなって眠り、夕方また遊び出す彼らの日常。その様子を自宅から眺め放題という夢のような体験をする一家。また確認こそしてないが、夜行性のキツネたちは夜も庭で過ごしていているようだという。

スクリーンショット-(1513)
image credit:facebook

 のちのコロナのパンデミック時はキツネウオッチが家族の一番の楽しみになり、愛くるしいキツネの姿を独占するのはもったいないという思いから動画をシェア。

 幸運にも自宅でキツネを満喫できたショーンさんは、彼らにも遊び心がありとてもかわいらしいことに気づかされた。

 野生のキツネなので寄生虫を保有している場合もある。彼らはキツネに近づいたりはせず、自宅から静かにみているだけなので安心して欲しい。


子ギツネの成長につれ会えない日々。今は来年に期待!


 だが最近は子ギツネの自立でキツネたちの訪問も減ってしまったそうで、それが残念だとのこと。それでも一家は大人になったキツネたちが再び庭に来ることを期待している。もしそうなれば彼らの家族や子ギツネたちにも会えるだろう。

スクリーンショット-(1514)
image credit:facebook

 出会いからわずか数カ月でキツネたちに心奪われた一家。ショーンさんは今の心境をこう語っている。

キツネたちに会えなくなって家族みんなでとても寂しい思いをしてます。でも来年も彼らを絶対に歓迎します!この経験は本当に素晴らしいものでした!


住宅街になじむ野生のキツネは案外多い?


 それにしても野生のキツネがこんなに長く人間の生活圏に滞在するとは驚きだ。

 この地域の森林保護区に勤める生態学者ダン・トンプソンさんは、人間のそばで暮らすキツネが増えればキツネたちの暮らしもより快適になる、と語る。そのため住宅街でちょうど良い場所を見つけるキツネは案外多いそうだ。

 またトンプソンさんは、人間を危険にさらすキツネはめったにいないが、エキノコックスなど寄生虫の感染の恐れもあるため「自分からキツネに近寄ったり、逆に人に接近させるのはやめたほうがいい」と忠告している。

 思った以上にのびのび過ごすキツネファミリーに思わずほっこり。こんなに多くのキツネを観察できるなんてほんと素敵。またキツネたちが遊びに来てくれたら是非映像を見てみたいな。

References: facebook / chicagotribuneなど /written by D/ edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル