top_line

“クイズ王”伊沢拓司、幼少期は勉強が苦手だった!?「九九が出来なくて…」『サワコの朝』

テレビドガッチ


伊沢拓司が、8月1日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。

東大卒のクイズ王として、バラエティ番組に引っ張りだこの伊沢は、クイズを職業にするという新しい試みで様々なメディアから注目されている。そんな伊沢が初めてテレビに出演したのは、高校1年生の時。日本テレビの『全国高等学校クイズ選手権』に出場し初優勝を遂げると、翌年も出場し見事優勝。個人としては史上初となる2連覇を達成し、クイズ王としてその名を轟かせた。

暁星小学校から開成中学・高校、東京大学と、エリート街道を一直線に歩んできた伊沢。現在は、26歳にして自ら立ち上げたクイズ会社「QuizKnock」のCEOを務めている。しかし、その華麗な経歴とは裏腹、幼い頃は勉強が苦手だったそうで、「九九が出来なくて“七”の段が言えなかった」と意外な幼少期を告白。「勉強というよりも勝負が好きで」と振り返る伊沢は、「物心ついた時から悔しがりで負けず嫌いだった」といい、“東大卒クイズ王誕生”までの軌跡をサワコに語る。

東大模試で0点を取ったこともあったという伊沢が勉強に目覚めた理由、そして、東大を目指した意外な目的とは?

そして、「父も母も知識に誠実な人間」と両親について語る伊沢。寝る前には訓示を垂れ、“〇〇に手を抜かない”という、クイズ王を育てた伊沢家ならではの教育法を紹介する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル