top_line

「Calbee+」と「東京ばな奈」が共同開発した進化系ポテトチップスとは?

食楽web

食楽web

 東京みやげの定番中の定番「東京ばな奈」と、ポテトチップスの国内トップブランド・Calbee(カルビー)が初のコラボレーションを発表。進化系ポテトチップス「Calbee+×東京ばな奈 じゃがボルダ」が、8月3日にオープンするJR東京駅構内の商業施設・グランスタ東京にて、オリジナルショップ『じゃがボルダ』が限定で同時オープンすることになりました。

 Calbee+(カルビープラス)のギフト系ポテトチップス開発技術と、東京みやげ開発の豊富な経験を持つ東京ばな奈が力を合わせ、“高みを目指して 旨みをつかむ”というコンセプトのもと開発された注目のポテトチップス。全4種類で展開されるフレーバーを紹介しましょう。

「鰹と昆布のうまみだし味」

「鰹と昆布のうまみだし味」は、鰹節と昆布からとった出汁の旨みをまとわせたポテトチップス。サクサクの食感と濃厚な出汁の美味しさが、食べるごとに口いっぱいに広がっていきます。

「山椒みそ味」

「山椒みそ味」は、山椒の爽やかな薫りと味噌のまろやかな美味しさが特徴。1枚1枚をじっくりと味わいたくなるポテトチップスです。

「貝だしとあおさ味」

 上品な貝だしとあおさの旨み&風味を楽しめる「貝だしとあおさ味」は、ワンランク上ののり塩系チップス。厚みのあるチップスとの相性は、いうまでもなく抜群です!

レモンシュガー味

「レモンシュガー味」は、レモン果汁の酸っぱさと砂糖の甘さが絶妙にマッチしたポテトチップス。スイーツ感覚でパリパリいけちゃう美味しさです。

1梱包4袋入り各756円

 すべてのフレーバーは、東京・広尾にお店を構える和食の名店『広尾 小野木』の店主・小野木茂樹氏が監修。ポテトチップスと合う素材本来の旨みを追求し、これまでにないポテトチップスの美味しさを実現させた逸品となります。

『じゃがボルダ』店舗でのみで購入できる、レア度激高の特別なポテトチップス。JR東京駅にお寄りの際は、忘れずにお店をチェックしてみてくださいね!

●DATA

Calbee+×東京ばな奈 じゃがボルダ

販売:2020年8月3日(月)~
取扱:JR東京駅1F改札内 グランスタ東京 『じゃがボルダ』
https://www.jaga-boulde.jp/
※価格は全て税込

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル