top_line

Amazon配達員が、がん患者を励ますために花とメッセージを無料配達、その思いやりはプライスレス(アメリカ)

カラパイア

Amazon配達員のやさしい心遣い
Amazon配達員の心のこもった無料配達 image credit: youtube

 アメリカのサウスカロライナ州から、心温まるストーリーが届いた。自宅でがん治療中の男性が、見知らぬAmazon配達員から心のこもったギフトと励ましの言葉を受けたのだ。

 その配達員は、男性宅に荷物を届けた時に事情を知り、わざわざ花とメッセージを書いたカードを玄関先に置いてくれたという。

 闘病中の男性は、配達員の親切行為に大きく心を打たれ、治療の励みになると感謝の気持ちを言葉にした。『abc NEWS』などが伝えている。

Amazon Driver’s Act of Kindness

Amazon配達員が見せた思いやり


 7月初め、サウスカロライナ州チャールストンに住むカルロス・ペガンさんは、Amazon配達員の男性から思ってもいない素晴らしいサプライズギフトを受けた。

 実は、カルロスさんは今年の3月に血液のがんと診断されており、現在は化学療法を受けている。外部から菌を入れないため、自宅玄関には妻のデニスさんがドアを開けて対応できない理由を訪問者に知らせるサインを掲示していた。

cancer treatment_e
image credit: youtube

この家には、がん治療中の者がおります。配達物は玄関先に置いて頂くようお願いします。

 そのサインを読んだAmazon配達員の男性は、カルロスさん宅宛ての荷物を玄関に置くと、いったんその場を去った。

 だがすぐに、花束とカードを買いに走り、メッセージを書いて戻って来たのだ。

gift_e
image credit: youtube

思いやりも届けてくれる配達員にカルロスさん一家は感動


 配達員が玄関先に置いた自腹で購入した花束とカードに、カルロスさんとデニスさんは驚き、感動した。

card_e
image credit: youtube

 カードには、このように綴られてあった。

あなたが、日に日に元気になってくれることを心から祈っています。Amazon配達員 アントニオより

 更に1週間後、アントニオさんは再びカルロスさんを訪問。その時はカルロスさん宅への配達はなかったが、アントニオさんはどうしてもカルロスさんに伝えたいことがあったようだ。

 カルロスさんとデニスさんは、メディアの取材で次のように語っている。

心のこもったカードと花束を届けてくれただけでも、とても嬉しくて感動したのに、アントニオさんは、また私の様子を心配して見に来てくれたのです。(カルロスさん)

cover_e28
image credit: youtube

アントニオさんは、夫の姿を窓越しに見て、目を輝かせました。そして「あなたはきっと大丈夫。数か月後には良くなって、また歩けるようになりますよ」と励ましの言葉をかけてくれました。(デニスさん)

 2人がアントニオさんから聞いたところによると、アントニオさんは去年母親と祖母をがんで喪うという辛い経験をしたそうだ。

 そのため、今がんと闘っているカルロスさんのことを知り、励ませるような何かをしたいという思いに駆られ、見知らぬカルロスさんに花束とカードを贈ったという。

 このアントニオさんの思いやり配達は、カルロスさんにとって大きな喜びをもたらし、素晴らしい支えとなった。

 「彼がしてくれたことは、本当に本当に素晴らしいこと。強く心に響き、感動しました」と言うカルロスさん。

 動画を見た人からも、「なんて素晴らしい思いやり」「こういう素敵な話が世の中にはもっと必要だね」といった声が寄せられている。

※追記(2020年7月30日)本文を一部修正して再送します。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル