top_line

ネバダ州の「悪魔の大釜」にiPhoneを投入したところ、不気味な叫び声が録音されていた件(アメリカ)

カラパイア

悪魔の大釡から謎の叫び声

 アメリカ、ネバダ州のモニターバレーには、巨大な陥没穴がポッカリ開いている場所がある。これは「悪魔の大釡」もしくは「ダイアナのパンチボール」と呼ばれるもので、中には高温の天然温泉が湧き出ている。

 iPhone11の耐久性を調査しているというTechRaxは、この穴にiPhone11をドローンで投入した。iPhone11は起動しており、動画撮影モードになっていた。

 すると思いがけない事象が発生。引き上げたiPhone11の動画を再生してみたところ、不気味な音声が収録されていたのだ。

 それは誰かが助けを呼んでいる叫び声のようだったという。
問題の音声は再生後6:00くらいから聞こえる


Dropping an iPhone 11 Pro Down Deep Hot Cauldron Hole – What’s in There?

 ネバダ州、モニターバレーロードのすぐ東にある「悪魔の大釡(ダイアナのパンチボール)」は、直径約180 mの石灰質化学沈殿岩のドーム型の丘の上部にあり、その大きさは、直径15 m、深さは9 mで、中からは90度の源泉が湧き出ている。


 
 iPhone11の耐久性を試すため、Youtubeチャンネル「TechRax」のスタッフは、ドローンに装着したiPhone11を穴の中に投入した。

no title

 引き上げたiPhone11は無事で、機能も全く問題がなかったそうだが、問題はiPhone11が録音していた音声だ。

4

 引き上げたiPhone11が収録していた動画を再生したところ、温泉の中で不気味な音声が収録されていたのである。

 それは助けを求めるような不気味な叫び声のようにも聞こえる。

 この不気味な音声が収録されていた理由は謎のままだが、「悪魔の大釜」は、秘密の冥界、超自然的な死者の世界への入り口、とでもいうのだろうか?

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル