top_line

亡き母の肉声入りテディベアを盗まれた女性のため、Twitterで多くの人が全力で捜査活動(カナダ)

カラパイア

盗まれたテディベアを探せ
盗まれたテディベアを探せ!SNS大捜査網 image credit:alohaaamara/Instagram

 カナダのバンクーバーで、ある女性が引っ越し作業の途中に大切なものが入ったリュックを何者かに盗まれるという事態が起こった。

 そのリュックの中には、多くの貴重品と共に、女性にとってかけがえのない亡き母の肉声が録音されたテディベアのぬいぐるみが入っていた。

 盗まれたテディベアが無事に女性のもとへ戻るようにと、Twitterを介して多くの人たちが支援に乗り出した。現在そのテディベアには懸賞金まで賭けられている。

母の肉声が入った形見のテディベアが盗まれる


 カナダのバンクーバーに住む絵コンテアーティストのマーラ・ソリアーノさん(28歳)は、最近ボーイフレンドと新しいアパートに引っ越した。だが、その引っ越し作業の途中に不運な出来事に遭遇する。

 引っ越し用のバン(車の)の助手席に置いておいた、亡き母親の形見の品であるテディベアが入ったリュックを何者かに盗まれてしまったのだ。

View this post on Instagram

A post shared by m.so (@alohaaamara) on


 マーラさんの母マリリンさんは、9年間ガンと闘ったが、去年6月に他界した。亡くなる前のクリスマスに、マーラさんにプレゼントしたのがそのテディベアで、そこにはマリリンさんの心のこもったメッセージが録音されていた。

母は、亡くなる直前はホスピスに移っていました。ホスピスでは、母の声はとても弱々しくなっていたのですが、ぬいぐるみに入っている母の声はそれ以前に録音されたものです。

私が覚えている元気だった時の”母の声”で、「愛しているわ。あなたをとても誇りに思う。私はいつもあなたの傍にいるわ」というメッセージが録音されてあるのです。

テディベアには、母が普通の声で話していた時の最後の声が残されていて、母の思い出が残されているんです。


なぜ、盗まれてしまったのか


 マーラさんは、カナダのメディアに形見のテディベアが盗まれた経緯を話した。

 それによると、引っ越し作業をしていた途中で、手伝いに来てくれる予定だった1人の友人が自転車で向かっている最中に、車に衝突され交通事故を起こしたという連絡が入ったという。

私たちを手伝うために来てくれようとしていた友人が事故に遭ったと聞いて、責任を感じ、すぐに現場に行かなきゃと思いました。

テディベアなど貴重品が入った大きなリュックは、バンの前の座席に置いてあったのですが、慌てていたことと、ボーイフレンドがそれを補完してくれるだろうという気持ちがあったので、リュックを持たずに去ったんです。

 しかし、ボーイフレンドともう1人の友人は、後部の引っ越し荷物の移動に追われており、前の座席のリュックには気付いていなかったようだ。

 ボーイフレンドと友人が、バンとアパートを出入りしていたほんの少しの間に、マーラさんのバッグパックは何者かに盗まれてしまった。

 中には、テディベアの他パスポート、カナダの市民権証明書、任天堂スイッチやiPad、重要書類、SIMカードなどが入っていた。

 幸いにも事故に遭った友人に怪我はなかったが、マーラさんが戻ってきた時には貴重品の入ったリュックが盗まれてしまった後で、大きなショックを受けたマーラさんは、SNSで「せめて形見のテディベアだけでも取り戻したい」と犯人追跡のための応援を呼びかけた。


テディベアに懸賞金が賭けられる


 この1件は、Twitterからたちまち拡散。カナダ出身の俳優ライアン・レイノルズも支援に乗り出した。

 7月25日のTwitterで、レイノルズは「このクマを無事に戻したら5000カナダドル(約40万円)の報酬を差し上げます。」とツイート。

 
 マーラさんも、地域のレストランやカフェ、街中にテディベアの写真を添付したポスターを貼り、SNSではCCTV(監視カメラ)を公開して、盗まれたバッグパックの行方を突き止める支援を呼びかけた。


 更新されたこちらの映像には、キャップを被った男がうつむき加減でバッグパックを前に持ち、通り過ぎる様子が捉えられている。


 「きっともうiPadなんかは売られていて、盗んだ人の手元にはないだろうけど、せめてテディベアだけは取り戻したい」と引き続き追跡を続けているが、今のところ明確な手掛かりは出てきていない。

 「大切なものを置いてその場から離れてしまった自分にも責任がある」と言うマーラさん。それでも、見知らぬ自分に多くの人々が応援の手を差し伸べてくれていることに心から感謝している。

 SNSの良さってこういう時にこそ発揮される。みんなが協力し、大捜査網が出来上がったことだし、犯人にこのことが伝わり、大切なテディベアを返してくれることを遠い日本からもお祈りしているよ。

追記(2020/07/29)

ついにテディベアが返ってきた!


 マーラさんのInstagramtwitterの7月29日15時頃の投稿によると、ついにテディベアが返ってきたそうだ。マーラさんはInstagramで、昨晩、善意の2名が届けてくれたことを明かした。「その経緯は一切聞く必要はない。ただただ、テディベアが返ってきたことがうれしい」と述べている。

この投稿をInstagramで見る

TWO KIND SAMARITANS MET WITH US TONIGHT. NO QUESTIONS ASKED. MAMABEAR IS HOME.

m.so(@alohaaamara)がシェアした投稿 –


written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル