top_line

上沼恵美子 実は繊細だった「周りが味方感出さないと進めない」

女性自身

上沼恵美子 実は繊細だった「周りが味方感出さないと進めない」

「入り時間になると入口に出演者が集まり、上沼さんをお出迎え。しかし彼女の機嫌が悪いと、ずっと待機することに。さらに誕生日前にはスタッフが本人にリサーチし、欲しいものを指定。豪華なプレゼントを用意しなければなりませんでした」(番組関係者)

 

7月24日に最終回を迎えた、上沼恵美子(65)の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)。発端は、カジサックことキングコングの梶原雄太(39)への“パワハラ騒動”だった。

 

「上沼さんは6月26日放送回の収録中に突然、梶原さんを『イラついてんねん、君に!』などと罵倒。そして3日後には『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)で『梶原くんは東京からの行ったり来たりがしんどいということで』と、一方的に降板を報告しました。

 

一部では『快傑えみちゃんねる』で構成作家を務めていた上沼さんの次男が関係していると報じられました。梶原さんはYouTubeで大成功し、上沼さんの寵愛を一身に受けていました。そんな彼に次男が嫉妬し、母親のもとに梶原さんの悪評を吹き込んだというのです」(番組関係者)

 

一連の騒動が報じられると、ツイッターなどで非難が殺到。そのため、関テレスタッフと上沼の間で話し合いが行われたという。

 

「上沼さんは『意見があったら何でも話してほしい』と提案。しかし局側が現場の声を率直に伝えると急に激昂し、『そんなことまで言うなら辞めたるわ!』と言って“絶縁状”を叩きつけたそうです」(前出・番組関係者)

 

実際、スタッフのストレスはかなりたまっていたようだ。

 

「上沼さんは悪評に敏感です。自身へのちょっとした愚痴も聞きつけてくるんです。そのため、『局内で絶対に上沼さんの話をしてはいけない』という不文律があるほど。みんな、常に気を使っていました」(前出・番組関係者)

 

スタッフの気遣いのなかで番組を続けてきた上沼。そんな彼女が逆ギレしたのには、理由があった。

 

「上沼さんはキツイことも言いますし、テレビで見るだけだと“神経がずぶとい大阪のおばちゃん”というイメージを持つかもしれません。ですが、実際は真逆。小さいことを気にする、とても繊細なメンタルの持ち主なんです」

 

そう語るのは、関西のベテラン放送作家だ。

 

「周りの人たちが『みんな上沼さんの味方ですよ』という空気を出さないと、1ミリも前に進めないんです。関西のテレビ関係者はそんなデリケートな部分をわかっているから、細かく気を配って上沼さんと接していました。

 

今回の番組終了も、上沼さんの性格を考えると十分にありえる話だと思います。梶原さんの件で、一緒にやってきたプロデューサーが責任を取って外れることになりました。そのタイミングで、さらにスタッフからの不満も知ることになった。そこで彼女は『見放された』と思い、番組をやめることにしたのでしょう」

 

「女性自身」2020年8月11日号 掲載

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル