top_line

コロナ禍によるロックダウンで、人間の活動によって生じる地球の振動が激減(世界)

カラパイア

ロックダウンで地球の揺れが減少
コロナによる活動制限で地球の振動が減少 /iStock

 建築現場での作業、工場での生産、車での移動、さらには大規模イベントなどなど、人類の活動は常に母なる地球を震わせている。

 ところがだ。コロナ禍による世界的な活動自粛のおかげで、そうした人工的な地震ノイズが劇的なまでに減少。世界は今、観測史上初めての突然の静寂に包まれてしまったのだそうだ。

 「人為的な地震ノイズが減衰したこの静寂の期間は、地震計で地球を観測し始めて以来、最長かつ最大のものでしょう」と、インペリアル・カレッジ・ロンドンのスティーブン・ヒックス氏は話す。
 
 素人にしてみれば、不動の存在と思われていた地球が、ちっぽけな人間の活動によって大きな影響を受けていたということも意外な新事実だろう。

人間の活動による地球の振動がコロナ以前より半減


 専門家は世界中に設置された地震計を使って、つねに地球が鳴らす騒音に耳を傾けている。こうすることで地震や火山のメカニズムを解明し、その活動の予測をしたりする。また海洋のうねりや大気圧を記録してくれるのもこうした観測ネットワークだ。

 だが、そうしたシグナルには、人間が生み出すノイズも混ざっている。ノイズはたとえば週末、あるいはクリスマスや新年のような特定の時期には少しだけ静かになる。だが、完全に止むことは決してない。

 今だって完全に鳴り止んでいるわけではない。それでもここ数ヶ月というもの、コロナ以前の50%と、かつてなかったほど静かになっているという。

地震計測
iStock

人口密集地だけでなく田舎でも


 この研究は、117ヶ国268ヶ所の地震観測所で集められた、2020年5月までの数ヶ月分のデータを調べたもの。

 それによると、ロックダウンとあわせるように、地震観測所185ヶ所で人工的な高周波シグナルが大幅に減少。1月下旬の中国から始まり、次いでヨーロッパ、3月から4月にかけてはほかの地域でもはっきりとしたパターンが観察されたという。

 特に顕著だったのは、都市部のような人口密度の高いエリアだったが、人の少ない田舎でも同じような現象が記録されていた。

 それどころか、ドイツ・シュヴァルツヴァルトの地下150メートルに設置された地震計ですら振動の減少が確認されているのだ。

 このことは、人工的な地震波がこれまで考えられていたよりかなり遠くまで伝わっているということを示している。シュヴァルツヴァルトの地震観測所はノイズが少ない参照値として利用されることが多かっため、そこにも余計な振動が伝わっているという発見は貴重な洞察であるとのことだ。

活動自粛した東京
iStock

人類の活動自粛は研究者にとっての贈り物


「アンスロポーズ(人類の停止の意)」とも呼ばれる今回の静寂は、地震学者的には2つの理由で贈り物なのだという。

 1つは、ロックダウン実施以前のデータと比較することで、人間の活動によって生じるノイズの特徴をこれまでより正確に見分けられるようになることだ。

 もう1つの理由は、人間が活動を自粛しているこのタイミングに、これまでならかき消されてしまっていた人口密集エリアの地震シグナルをはっきりと観測できることだ。
 
 都市化が進み、世界人口が増加するにつれて、地質学的には危険なエリアで暮らす人たちが増えている。

 だからこそ、「自然に生じるノイズと人工ノイズとをはっきり区別して、大地の動きにきちんと耳を傾けられるようにすることが大切です」と、ベルギー王立天文台のトーマス・ルコック氏は話している。

コロナ都市閉鎖
iStock

コロナ禍の活動自粛が今後の地震予測を正確に


 世界の人口は今後も増えるだろう。それは地震の観測がいっそう込み入ったものになるということだ。

 各地ではロックダウンが解除され、経済活動のレベルも元に戻りつつあるそうだが、きっとこの数ヶ月で得られたデータは将来的な地震予測にとって貴重なものになることだろう。
 
この研究は『Science』(7月23日付)に掲載された。
Global quieting of high-frequency seismic noise due to COVID-19 pandemic lockdown measures | Science
https://science.sciencemag.org/content/early/2020/07/22/science.abd2438
References:sciencedaily/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル