top_line

水野美紀、悲喜こもごもの人生に涙腺崩壊!番組が誇る4人の占い師がオンライン占い『突然ですが占ってもいいですか?』

テレビドガッチ


7月29日に放送される『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)は、番組が誇る4人の占い師(木下レオン、星ひとみ、シウマ、ぷりあでぃす玲奈)が、全国各地に住む6組とオンラインで対面し、それぞれの過去・現在・未来を占っていく。

沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)がレギュラーを務める同番組は、芸能人も占うスゴ腕占い師が、街で突然占いを持ちかける“占い突撃番組”。人気占い師が街で出会った人たちを占ってみるとその街の特徴も垣間見える……!? イマドキの若者事情、家庭事情、職場事情、恋愛事情など、令和時代のリアルに切り込んでいく。

まずは博多出身の人気占い師・木下が、15歳の若さで出産したシングルマザーをリモート占い。生年月日に基づく東洋占星術とスピリチュアルな神通力を融合させた帝王占術で運勢を占う木下は、女性の生い立ちや性格を見抜いた上で、幸せをつかむために、ある“プレッシャー”を乗り越えるべきだと激励。そして、これから目指すべき職業についても、具体的な助言を授けていく。スタジオの水野は、女性が出産した時の年齢を聞き、驚きを隠せない様子で、「ものすごい決断と決意と覚悟だと思う……」と涙を浮かべて感心する。

続いて、巫女(みこ)の血筋を引く天星術師・星が、大阪に住む28歳の会社員男性と29歳の主婦の夫婦とオンラインで対面。生年月日・姓名判断・血液型・顔相・手相など、さまざまな要素を混ぜ合わせた天星術の開祖である星は、妻の生来の性質から、2人が出会った時期、さらに夫婦ゲンカをした時期まで、次々と“LOCK-ON(的中)”。そして、ある“問題”を抱えて焦っている妻の胸の内を読み取った星は、優しい夫を信じて、いったんその問題を忘れたほうがいい、と前向きなアドバイスをする。そんな星の言葉に背中を押され、明るい笑顔を見せる夫婦の姿に、スタジオの沢村は「占いを通すと、難しいことも簡単にできる気がする」と感慨深げ。みちょぱも「これから2人の仲がいっそうよくなっていきそう」と応援のまなざしを送る。

また星は、東京在住の28歳の会社員女性もリモートで占う。対面するなり、女性が金運や出世運に恵まれていることを察知した星は、その華やかさを「東京でいうと、〇〇や××の街がよく似合う」と表現。すると、なんと女性は実際に〇〇に住み、××にある職場に通う、正真正銘のセレブであることが判明する。さらに、恋愛・結婚運を占うと、最近ブレーク中のある女性芸能人と同じ星回りであることが明らかに。それを踏まえて星が、恋愛運UPのためのファッションアドバイスを授けていくが、女性が日頃愛用している下着にまで話が及び、スタジオの沢村が「そんなことまで占いで分かるの? 俺も占い始めようかな」とうらやましがる一幕も。さらに、大学に入り直して社会学を学んでいるという東京在住の27歳女性と対面した星。パンセクシュアルを自認する彼女の恋愛観に理解を示しながら今後の恋愛運を占っていく。

続いて登場するのは、オリジナル占術「数意学」の創始者で琉球風水志のシウマ。東京に住む34歳の女性をリモートで占う。琉球風水・姓名判断・九星気学に加え、身の回りの数字から運気を判断する数意学で占うシウマは、いつもの通り、まずは女性の“携帯の下4ケタの合計数字”を鑑定。すると、女性が自分でも気付いていない本来の性格や、現在の身の上を次々と看破していき、それをもとに、今後の恋愛や結婚について的確なアドバイスを授けていく。また物忘れがひどいという女性に、“物忘れをなくすための対策”も伝授。誰でもすぐ、簡単に実践できる、“数字”を使ったある方法を紹介する。

一方、愛知在住の32歳の主婦とオンラインで対面するのは、ゲッターズ飯田の一番弟子・ぷりあでぃす玲奈。名前や生年月日から恋愛・家庭・職場事情を占う「五星三心占い」で鑑定するぷりあでぃすは、冒頭で「2015年は、吉凶が混ざっていて運気が乱れやすい時期だった」と指摘すると、まさしく2015年、女性の人生観を揺るがす、ある悲しい出来事が起こっていたことが判明する。その時の心の傷を抱えながらも、女性が新たな一歩を踏み出そうとしていることを知ったぷりあでぃすは、占いによって女性を励まし、応援していく。そんな心温まるやりとりに、スタジオの水野は、今週もまた号泣してしまう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル