top_line

「音マネ」で英語ペラペラに! ひきこもり底辺高校生から名門大に合格し、人気英語YouTuberになった最強の勉強法

ダ・ヴィンチNEWS

『ICHIROさん、一撃で英語が話せる方法を教えてください!』(KADOKAWA)

 英語教育YouTuberのICHIROさんが、自身の英語学習法をまとめた初書籍『ICHIROさん、一撃で英語が話せる方法を教えてください!』(KADOKAWA)を7月22日(水)に上梓した。

あわせて読みたい:英会話学習の強い味方! NHKラジオ「ラジオ英会話」が、いま支持されている理由とは?

 従来の学校教育や受験指導にとらわれない英語の学び方や、言語の本質に基づく英語の仕組みを解説し、チャンネルの登録者数は30万人以上にのぼるICHIROさん。だが、ネイティブでもなければ、海外留学の経験がある訳でもない。そんな彼は、どのようにして英語がペラペラになったのだろうか?

実はひきこもりの底辺高校生だった

 ICHIROさんはいわゆる“Fラン”と言われるような高校の生徒で、大の勉強嫌いだった。部屋に引きこもってPCのゲームにのめり込み、不登校になりかけるほど。心配したおばから、ついにPCを取り上げられてしまう。

洋画がきっかけで英語に興味を持つ

 PCを取り上げられすることがなくなってしまったICHIROさんは、父が借りていたハリウッドなどの海外映画をよく観るようになる。これが、英語に目覚めるキッカケに。登場人物たちの話す台詞を英語で覚えたり、意味を調べたり…。「英語をしゃべるのってカッコいい!」と感じ、英語の世界にハマっていった。

地元の名門大に合格

 その後も、高校のネイティブの先生に話しかけてレッスンするなど、独学で英語を身につけていく。英語力はメキメキと上がり、センター試験の英語はほぼ満点を獲得。その高校からは受験さえ信じられない地元の有名大の外国語学部に合格を果たした。

英語学習は「音マネ」からスタート

 このような経験から、ICHIROさんがもっとも重視するのが「音マネ」だ。ネイティブの発音を“モノマネ”し、正確に発音できるボキャブラリーをどれだけ増やせるかが英語学習のカギ。発音をしっかり身体で覚えられれば、リスニングや英単語や文法も自ずとできるようになるという。

インスタ留学

 ICHIROさんは、Instagramにて、「インスタ留学」と称し、話題の洋画のセリフを使って、リスニングや発音を解説するコンテンツを発信している。時には自身がトム・クルーズに扮して解説することも! 映画好きが伝わってくるとともに、楽しく英語を学ぶことができる。

 そして、書籍「ICHIROさん、一撃で英語が話せる方法を教えてください!」では、ICHIROさんの“目からウロコ”の学習法がたっぷりと詰まっており、発音もしっかりマスターすることができる。英語の苦手意識がとれない人や、英語を学びなおしたいという人は必読の1冊だ。

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル