top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

生き別れの兄弟がグーグルアースを使って感動の再開を果たす「LION/ライオン 25年目のただいま」(2017)

エンタメウィーク(映画)

生き別れの兄弟がグーグルアースを使って感動の再開を果たす「LION/ライオン 25年目のただいま」(2017)(C)エンタメウィーク(映画) インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。

解説

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさんの評価 ★★★★★

アカデミー賞にノミネートされ、当時ニュースでも話題になっていたので印象的な本作。実際に5歳の時に兄と離れ、迷子になってしまった少年サルーが大人になってからグーグルアースを使って実家に帰る伝記に基づいて映画化されたものです。兄の言いつけ通り、なんでその場に止まらなかったのー!とか思っちゃうけど、5歳児ですものね。しかし、度重なる危機を本能的に察知して回避してきた彼は賢い。施設に入るまで、同じようなストリートチルドレンたちが大人に拐われる様子などが描かれていて、インドの実情を垣間見た気がしました。サルーは運の良いことにテーブルマナーをはじめとする教養を身につけて、温かい家庭に拾われることになりました。しかし、彼は孤児ではなくただの迷子。もちろん、養子として裕福な家庭で育てられたからこそ得た教育の機会と環境があって、間違いなく彼はオーストラリアに来れたおかげで幸せな人生を歩むことができました。しかし、彼にとっての本当の家族はいなくなったわけではない。だからこそ、お母さんとの再会シーンは、泣きましたね。エンドクレジットでは実際の彼の写真などが流れてきて、余計良かったなあって泣けます。


「LION/ライオン 25年目のただいま」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル