top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

スターへの階段を駆け上ったエルトン・ジョンの自伝映画「ロケットマン」(2019)

エンタメウィーク(映画)

スターへの階段を駆け上ったエルトン・ジョンの自伝映画「ロケットマン」(2019)(C)エンタメウィーク(映画) グラミー賞を5度受賞したイギリス出身の世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。並外れた音楽の才能でまたたく間にスターへの階段を駆け上がっていった一方で、様々な困難や苦悩にも満ちたエルトン・ジョンの知られざる半生を、「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や「ロケット・マン」など数々のヒット曲にのせたミュージカルシーンを交えて描いていく。

解説

グラミー賞を5度受賞したイギリス出身の世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。並外れた音楽の才能でまたたく間にスターへの階段を駆け上がっていった一方で、様々な困難や苦悩にも満ちたエルトン・ジョンの知られざる半生を、「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や「ロケット・マン」など数々のヒット曲にのせたミュージカルシーンを交えて描いていく。イギリス郊外の町で両親の愛を得られずに育った少年レジナルド(レジー)・ドワイトは、唯一、音楽の才能には恵まれていた。やがてロックに傾倒し、ミュージシャンを目指すことを決意したレジーは、「エルトン・ジョン」という新たな名前で音楽活動を始める。そして、後に生涯の友となる作詞家バーニー・トーピンとの運命的な出会いをきっかけに、成功への道をひた走っていくが……。日本でも社会現象となった大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」で、降板した監督に代わり映画を完成させたデクスター・フレッチャーがメガホンをとり、「キングスマン」シリーズのマシュー・ボーンが製作を担当。同じく「キングスマン」シリーズでブレイクしたタロン・エガートンがエルトン役を務め、吹き替えなしで歌唱シーンもこなした。エルトン・ジョン本人も製作総指揮に名を連ねているほか、主題歌「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」が第92回アカデミー賞の主題歌賞に輝いた。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさんの評価 ★★★★★

日本でも「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしたことが記憶に新しいですが、同じイギリス出身のエルトン・ジョンについての伝記映画が本作。「ボヘミアン」がバンドの紆余曲折、フレディの落ちていく姿を描きつつ、最後は素晴らしいライブ映像でしめるという全体的にアップテンポな印象だったのに対し。このエルトンの物語は、現代からスタートして過去を振り返る形で物語が進行します。そして彼の語る半生は、あまりにも孤独なものでした。あの名曲の数々の裏には、こんな悲しい歩みがあったのかと思うと、少し辛くなりました。しかし、そんな中で明かされる彼の代表作「Your song」が元々誰のために歌われた曲だったのか明かされるシーンは、もう感動で胸いっぱい。本当に歌詞を担当したエルトンの生涯の相棒バーニーと現在和解してよかったなあと思います。本作がアカデミー賞歌曲賞を受賞してスピーチに二人が登場したとき、二人して涙ぐんで言葉に詰まっている姿をみて思わずもらい泣きしたほど。「ボヘミアン」に比べて、よりパーソナルな内容だからこそ人の弱さ、孤独に寄り添う作品かもしれません。


「ロケットマン」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル