top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

不運の連鎖が笑いを呼ぶ「人生スイッチ」(2015)

エンタメウィーク(映画)

不運の連鎖が笑いを呼ぶ「人生スイッチ」(2015)(C)エンタメウィーク(映画) スペインの名匠ペドロ・アルモドバルがプロデューサーを務めたブラックコメディ。2014年・第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、第87回アカデミー賞ではアルゼンチン映画として外国語映画賞にもノミネートされた。人生において決して押してはならないスイッチを押してしまったがために、絶望的な不運の連鎖に巻き込まれていく男女6人のエピソードを姿を描いた。

解説

スペインの名匠ペドロ・アルモドバルがプロデューサーを務めたブラックコメディ。2014年・第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、第87回アカデミー賞ではアルゼンチン映画として外国語映画賞にもノミネートされた。人生において決して押してはならないスイッチを押してしまったがために、絶望的な不運の連鎖に巻き込まれていく男女6人のエピソードを姿を描いた。監督はこれが長編映画3作目となるアルゼンチンの新鋭ダミアン・ジフロン。出演は、アカデミー外国語映画賞受賞作「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリンほか。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

笑角亭 福さんの評価 ★★★★☆

アルゼンチン×スペイン産のブラックコメディ!アルゼンチン映画って珍しい印象で、これまで観たことなかったのですが本作はアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたという優等生だったので鑑賞しました。6つの短編が収録されていて、ドラマ「世にも奇妙な物語」が好きな人なら絶対好きだと思います!映画祭の最高峰とも言われるカンヌでもスタンディングオーベーションが続いた、かなり評価の高い作品。作品全体にかかるテーマは「復讐」。誰もが一度はムカついたことがある場面であったり、相手に仕返しをしようとどす黒い思いが頭によぎった時──普通なら踏みとどまるシーンで、思わず“スイッチ”を押しちゃった人たちの物語となっています。個人的にはレッカー車で車を移動された男が役所にキレる「ヒーローになるために」が印象的でした。ポスターにもメインで出ている「ハッピーウエディング」は見ていてスカッとする。そうそう、TV番組の「スカッとジャパン」をもっと暗くてダークな感じにした感じ(?)なので、アルゼンチンコメディと日本の相性がなかなかいいかもしれないと気づきました。もちろん、笑いのツボはひとそれぞれですが、コメディ以外の大部分で人間の本質をとらえた、その正直さが高い評価を得たのではないでしょうか。


「人生スイッチ」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル