top_line

大学卒業間近の息子が引きこもりに!両親は自立支援施設に預けるが…『ザ・ノンフィクション』

テレビドガッチ


7月26日の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ、毎週日曜14:00~※関東ローカル)は、「父と息子とはぐれた心~引きこもった僕の1年~」と題して放送される。富田望生が語りを務める。

大学に通っていた息子(24歳)が、卒業間近に突然、自宅に引きこもった。真っ白な顔でゲームに没頭し、昼夜逆転の生活を繰り返す息子。悩んだ末に両親は、富山市にある自立支援施設「はぐれ雲」に息子を預けることに。

「はぐれ雲」では引きこもりや不登校を経験した10~40代の人々が、ひとつ屋根の下で暮らし、就労訓練などを受けながら自立を目指している。すさんだ生活を送っていた息子は、最初は戸惑いながらも徐々に集団生活になれていくが、両親からの連絡は無視し、関係を拒絶していた。引きこもりの原因はなんなのか? 無気力な息子を見ながら、両親は「何がいけなかったのか?」と自問自答する日々……。

「変わりたい」と願う両親と息子。しかし、その関係は簡単には修復できない。引きこもりの日々から脱し「はぐれ雲」で過ごした1年間。両親と子供の葛藤と苦悩、それぞれの「再生」にかける姿を見つめた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル