top_line

シロイルカの社交性は人間並み。家族だけではなく他者とも絆を育む(米研究)

カラパイア

シロイルカの社交性は思っている以上に高い
家族以外とも絆を履くぐむシロイルカ/iStock

 頭がよく、社会性が高いことで知られていたシロイルカ(別名:ベルーガ)だが、これまで考えられていた以上に社交的だったようだ。

 シロイルカは、シャチやアフリカゾウのように、母系の血縁関係で結びついた、メスを中心とする社会的つながりの中で生きていると考えられてきた。

 ところがフロリダ・アトランティック大学(アメリカ)を中心とする研究グループが、その群れの行動などを分析した結果、家族だけでなく、血縁上はあまり関係のない仲間とも頻繁に交流していることが分かったのだ。

 人間社会では、親族だけでなく、状況に応じて赤の相手であっても人付き合いが生じ、社会的ネットワーク・支援構造・協力・文化などを作り上げている。多様なパターンの群れを形成するシロイルカの社会にも、これと似たような部分があるのだという。

メンバーが入れ替わるシロイルカの群れ


 アラスカ、カナダ、ロシア、ノルウェーなど、10地域におけるフィールドワークと遺伝学的調査で明らかになったのは、シロイルカがさまざまなパターンの群れを作るということだ。

 母子のペア、大人のオスの群れ、年齢や性別の異なる個体で構成された群れ、小さな群れや大きな群れなどが、さまざまな集団や生息域で観察された。

 また特定の行動がこうした群れの種類に関係していることや、群れのメンバーがよく入れ替わることも判明した。

 「シャチやゴンドウクジラ、さらには一部の人間社会とは違い、シロイルカが近縁者だけと付き合うようなことはありません」と、グレッグ・オコリー=クロウ博士は説明する。

さまざまな生息域において回遊集団と居住集団のどちらもが、あらゆる年齢のオス・メスを含む数百頭、場合によっては数千頭のコミュニティを形成しています。

高度に発達した音声コミュニケーション能力のおかげで、一緒にいないときにも仲間と定期的に音を使って連絡を取り合えるのかもしれません(オコリー=クロウ博士)

シロイルカの社交性
iStock

母系だけなく、父系とのつながりも


 シロイルカの群れは、他の動物のように、血縁関係が近い母系の親族だけによって構成されているわけではなかった。小さな群れにも大きな群れにも、複数の系統の母親が所属していたのだ。

 群れのメンバーが同一の「ミトコンドリアDNA」(母親から子に受け継がれるDNA)を持っているときですら、彼らが近親者などではなく、多くの場合にその遺伝的つながりがむしろ父系であったことが明らかになっている。

 こうした結果は、シロイルカはメスの近親者で構成された母系社会システムの中で生きているという、当初の予想を大きく裏切るものだ。

シロイルカ
Pixabay

同じハクジラ亜目でも、シャチとは違う


 そうした行動は、この予想の元になっている「ハクジラ亜目」(ヒゲクジラ亜目と並ぶ、現生のクジラを2分する大グループ)の群れ行動とも違う。たとえばシャチは、オスもメスも、近しい母系親族で群れを作り、一生を共にする。

 ところが同じハクジラ亜目の仲間であっても、シロイルカの群れにははば広い群れのパターンが存在する。

 「2~10頭だけの小集団から2000頭を超える大集団、同性や年齢が近いものの集まり、年齢も性別もさまざまな群れ、一時的なグループから数年にわたる付き合い」まで多種多様だと、オコリー=クロウ博士は話す。

こうした多様性は、グループの構成や大きさが状況次第である離散集合社会であることを示唆しています。

一方、定期的に集合・離散する安定した社会単位で構成される、より固定化された多層社会を反映したものである可能性もあります。こうした群れにおける親族関係の役割はほとんど分かっていません(オコリー=クロウ博士)

シロイルカの群れ
image by:Lisa Barry / NOAA / NMFS / AFSC / MML.

家族だけでなく、他者とも絆を結ぶ


 こうした発見は、シロイルカの集団生活や協力関係には、包括適応度の問題だけでなく、それ以外の進化メカニズムもまた関わっているに違いないことを示しているという。

 母と子だけのペアから大きなコミュニティまで多次元社会を形成するという視点に立てば、シロイルカの社会は、身内だけはなく他人とも交流して協力する人間社会にも似ている部分がある。

 およそ70年という寿命や生まれたコミュニティにとどまる傾向を考えると、シロイルカは家族だけなく、他者とも長期的な仲間意識のようなものを育んでいるらしきことが分かるとのことだ。

この研究は『Scientific Reports』(7月10日付)に掲載された。
Group structure and kinship in beluga whale societies | Scientific Reports
https://www.nature.com/articles/s41598-020-67314-w
References:fau/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル