top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

原始人が挑む戦いはサッカーだった!?「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ」(2018)

エンタメウィーク(映画)

原始人が挑む戦いはサッカーだった!?「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ」(2018)(C)エンタメウィーク(映画) 「ウォレスとグルミット」「ひつじのショーン」シリーズを生み出したニック・パーク監督とアードマン・アニメーションズが、先史時代を舞台に、暴君から故郷を取り戻すためサッカーで戦いに挑む原始人の少年と仲間たちを描いたストップモーションアニメ。まだ地球上にマンモスがいた太古の時代。勇敢な少年ダグは、部族の仲間とブタの相棒ホグノブと一緒に、小さな谷間で平和に暮らしていた。

解説

「ウォレスとグルミット」「ひつじのショーン」シリーズを生み出したニック・パーク監督とアードマン・アニメーションズが、先史時代を舞台に、暴君から故郷を取り戻すためサッカーで戦いに挑む原始人の少年と仲間たちを描いたストップモーションアニメ。まだ地球上にマンモスがいた太古の時代。勇敢な少年ダグは、部族の仲間とブタの相棒ホグノブと一緒に、小さな谷間で平和に暮らしていた。しかし、谷で採れる青銅を狙うブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿に、故郷を追われてしまう。ダグたちは故郷を取り戻すため、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されているサッカーと呼ばれるスポーツでヌース卿に対抗しようと、チームを作って特訓に励むのだが……。主人公ダグの声を「リリーのすべて」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、ヌース卿の声を「マイティ・ソー」「アベンジャーズ」のトム・ヒドルストンが担当した。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

アニメなら何でも見るさんの評価 ★★★★★

「ウォレスとグルミット」シリーズのチームが再結成した、クレイアニメ映画。CG技術が日に日に上がっていく今の時代、正直手間しかかからないクレイアニメをやる人って本当に減ってしまったわけですが、この製作人は変わらずにスタイルを保っているのが嬉しいです。やはり、ただのアニメーションに比べて動きや表情に温かみがあるのが良いところ。本作は恐竜が絶滅するきっかけとなった隕石が地上に落ちて削られ、熱い火の玉を足で蹴ったことがきっかけでサッカーが生まれたというトンデモ設定がユニークで面白い。そこから土地を侵略され、祖先の文化を盗用された石器人たちがプライドをかけて戦うというアツい物語です。登場人物がほとんど全員ウォレスみたいにどこか抜けていて、憎めない愛らしさがあります。これまでの作品もイギリス色が強い作品ですが、今回はイングランド大好きなフットボールが題材。主人公を「ファンタスティック・ビースト」シリーズのエディ・レッドメインが、青銅器人の総督を「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストンというこれまたイケメンが声当てをしているので驚きました。ちなみに豚のホグノブの声を担当しているのは、「ウォレスとグルミット」の生みの親であるニック・パークです。


「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル