top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

一度食べたらリピート必至! 久世福商店人気の「ごはんのお供」4選

食楽web

食楽web

 自宅での食事の機会が増え、おかず選びに頭を悩ますことが多くなりましたよね。そんなときに心強い味方となってくれるのが、いわゆる“ごはんのお供”です。

 今回は日本各地の“うまいもの”を販売しているセレクトショップ『久世福商店』で大人気の“ごはんのお供”をピックアップ。小腹を満たすどころか、炊飯器の白飯が足りなくなるほど食が進むこと間違いなしの逸品4品を教えちゃいます!

月間販売数2万個!
「至福のひと時 大人のしゃけしゃけめんたい」

1瓶594円、内容量は80g

『久世福商店』が取り扱っている約1500点のアイテムの中で、堂々の第1位を獲得しているのが「至福のひと時 大人のしゃけめんたい」。月間販売個数が2万個を超えるなど、今やお店の看板商品となった大人気のメニューです。

 国産の鮭を使ったフレークに辛子明太液をブレンドした、誰がどう考えても“至福のひと時”しか訪れない組み合わせで構成。しっとり柔らかな鮭フレークに明太子のピリッとした辛味が加わって、白米をかっ喰らうスピードは落ちるどころか加速する一方! 化学調味料や着色料を使用していないのも、見逃せないポイントといえるでしょう。

卵かけごはんにはコレ!
「食べる、だし醤油」

626円、内容量は140gとたっぷり!

「食べる、だし醤油」は、厳選国産大豆と米麹を使用した伝統の生醤油だれに、低温で2カ月間じっくりと熟成した豆もろみ、静岡県焼津産の花かつおを加えて完成した、いわゆる具入り系の調味料です。

 生醤油の旨味と、豊かなコクの豆もろみ。さらに花かつおの風味が一体となって、唯一無二の味わいを楽しむことができます。白飯に掛けたり、卵かけご飯の醤油代わりに使うというのもOK。お酒のアテや、焼いたパンに乗せて食べてもピッタリの万能調味料です!

噛めば噛むほど味が出る!
「ねばねば昆布 野沢菜」

540円(内容量:180g)、現在は店頭での販売のみとなっています。

「わさび」や「青しそ」など、豊富なラインナップの「ねばねば昆布」シリーズの中で最も高い人気を獲得しているのが、野沢菜との組み合わせとなる「ねばねば昆布 野沢菜」です。契約農家から仕入れた国産の野沢菜を丁寧に塩漬けし、国産の昆布を加えて完成した“浅漬け”仕様で、醤油とかつお節+昆布の旨みと粘り、野沢菜のシャキシャキ食感が絶妙なアクセントを生み出します。

 白米にどさっとかけて食べるのが定番ですが、これから本番を迎える暑い時期には納豆やオクラ、キムチに卵を乗せていただく「ねばねば丼」がオススメ。旨みと辛味、ねばねば&シャキシャキ食感が加われば、厚さで落ち気味の食欲もどこへやら。するするするっとご飯が食べられます。そうめんやそばの麺つゆに入れるというのもアリですよ!

えのき茸ぎっしりで具材感がピカイチ!
「白米が美味しい 梅なめ茸」

430円、内容量は130g

 最後に紹介するのは「白米が美味しい 梅なめ茸」。人気のなめ茸シリーズと同様に国産の主原料にこだわった一品で、長野県産のえのき茸に和歌山県産の梅肉、食感のアクセントにもなる刻み梅や、味付けのベースとなる醤油など、厳選の国産原料を使用しています。

 かつお節&しその風味を加え、梅肉の酸味となめ茸の味わい…。食べる前から分かってしまう、これ絶対にご飯が進んじゃうやつ! 食べ過ぎには十分ご注意くださいね。

 どのメニューも、一度食べたらその美味しさにどっぷりとハマること必至。食後どころか、食べている最中にリピートを考えてしまうほどの魅力を備えています。『久世福商店』の実店舗と公式通販サイトでの販売となりますので、気になった方は今すぐチェックしてみてください。

●DATA

久世福商店

公式オンラインショップ
https://stcousair.jp/

楽天市場店
https://www.rakuten.co.jp/sc-rkt/
※価格は全て税込

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル