top_line

三浦春馬さん死去で「誹謗中傷」がトレンド入り 芸能人たちが警鐘鳴らす

ニュースサイトしらべぇ

俳優の三浦春馬さんが都内の自宅で死亡したことが18日に報じられた。訃報を受け、SNS上では「誹謗中傷」がトレンド入りした。


■誹謗中傷に警鐘

三浦さんは1月に「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う」と誹謗中傷に警鐘を鳴らしていた。

当時は、俳優の東出昌大と女優の唐田えりかの不倫騒動の最中だったため、三浦さんにも大きなバッシングが相次ぐ事態に。三浦さんが誹謗中傷で苦しんでいたかは不明だが、訃報を受けてこのツイートがあらためて反響を呼んでいる。


関連記事:きゃりーが誹謗中傷に「気にするななんて難しい」 ネットではまさかの批判殺到

■芸能人たちのコメントが話題に

俳優の賀来賢人のインスタグラムの投稿も話題に。

三浦さん死去の速報が流れる数時間前、賀来はインスタグラムのストーリーで「人が好きなモノや、一生懸命やってる事を馬鹿にするのなんか超簡単で、否定したり、好きだ嫌いだ言う事も超簡単。本当に超簡単。靴紐結ぶより。SNSがもっとポジティブになる事を願ってます」と投稿していた。

また、人気ユーチューバー・フィッシャーズのンダホは訃報を受けて「驚きとショックで胸がいっぱいです。ご冥福をお祈りいたします」と追悼し、続くツイートで「自分に余裕がある時、周りの困ったり悩んだりしてる人に優しく、気遣ったりしてあげられて。自分に余裕が無い時、すぐ誰かに頼れる、相談できる、そんな優しい、社会、世の中になるといいな」と投稿している。


■ネット上で誹謗中傷を受けたら…

さまざまな芸能人も警鐘を鳴らしているネット上の誹謗中傷。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名を対象に「ネット上の誹謗中傷」に関する意識調査を実施したところ、全体で約5割の人が「誹謗中傷を受けたら立ち直れない」と回答している。

速報で「自殺とみられる」と報じられていることから、ショックを受ける声が相次いだ三浦さんの訃報。はたして、誹謗中傷と関係しているのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1342名(有効回答数)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル