top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

どうぶつが主人公のかわいい漫画 ベスト10

エンタメウィーク(マンガ)

どうぶつが主人公のかわいい漫画 ベスト10

愛らしいねこちゃん、たくましいワンちゃん、さらにはラッコまで!? コチラで紹介するのは主人公がどうぶつという、一風変わった作品ばかり! ヒューマンドラマならぬアニマルドラマがアナタの新境地を切り開いてくれますよ!


こまつさんが大好きなムーコのほのぼのライフ!「いとしのムーコ」

画像名

【あらすじ】
ガラス工房GLASS STUDIO amatoを営むこまつさんに飼われている雄犬のムーコは、こまつさんのことが大好きでたまらない! こまつさんや彼の友人であるうしこうさんこと牛島厚平、棒田さんたちにいじられたりしながら、ムーコは賑やかな毎日を送ってます!

【おすすめポイント】
雪の多い田舎に暮らすこまつさんと飼い犬のムーコを中心に、のんびり、かつちょっと騒々しい日常を描いた作品。

この作品の魅力といえば、やっぱりムーコの存在! ムーコはこまつさんには早く犬になってほしいと願っているほど飼い主のことが大好き。だから、こまつさんにかまってもらうとテンションが大幅にアップ! ただ、ハイテンションになりすぎて叱られることもしばしば。ムーコの考えは日本語で記されているものの、もちろんこまつさんに言葉は通じない。けれども、ムーコの思いはこちらに十分伝わってくるし、テンションの高い行動もムーコのかわいらしさを後押し。あまりの愛おしさに、もしムーコが目の前にいたら抱きしめたくなること間違いなし。

ムーコはあまり関心を抱いてないけれども、いかつい風貌と優しい内面を持つうしこうさん、アフロヘアの棒田さんやその娘の玲奈ちゃんなど脇役たちもいい味を出してますよ♪

kindleマンガを購入する

犬たちにも熱い戦いがある!「銀牙伝説WEED」

画像名

【あらすじ】
母を失った子犬は、仲間となったイングリッシュ・セッターのGBにウィードと名づけられ、伝説の存在として知られる父の銀を探す旅に出る。途中、犬たちの楽園といわれた奥州に君臨する怪物を打ち倒して平和を取り戻すと、今度はグレートデーンの法玄が銀を捕えていると聞き、法玄の待つ日本アルプスへと向かうが……。

【おすすめポイント】
秋田県の銀が熊や狼と激闘を繰り広げる人気作「銀牙 -流れ星 銀-」の続編。ウィードを筆頭とする犬たちの戦いがとにかく熱い!

体を回転させつつ突進し、牙で相手を切り裂いてしまう絶・天狼抜刀牙を必殺技とするウィードも強いが、相手も奥州を支配していた怪物、日本アルプス一帯を支配している法玄など強敵揃い。怪物は遺伝子操作によって生み出された犬だが、ライオンのような姿を持つ、まさに化け物のような存在。かつて飼い主を食い殺した法玄も残虐さと狡猾さを併せ持ち、日本の統一を目指す野心家だ。

さらに、武器を使いこなすゲラダヒヒの将軍も登場! 一方、ウィードが率いる軍団にもムードメーカーのGBをはじめ、柴犬の佐助やゴールデンレトリバーのメルなど頼もしい仲間ばかり。一騎討ちから軍団抗争まで、ウィードたちが繰り広げる戦いに熱くなることは必至。今なら30日間無料でコミック&雑誌が読み放題の「kindle unlimited」対象作品なので、ぜひチェックしてみてください!

kindleマンガを購入する

ゆったりのんびり、時々哲学の日常「ぼのぼの」

画像名

【あらすじ】
おとうさんと岩場で暮らすラッコの少年ぼのぼのは、近くの森に住むシマリスくんやアライグマくんと仲よし。ぼのぼのたちは楽しく遊びながら、ゆっくりと流れる毎日を過ごしているのでした。

【おすすめポイント】
ちょっと感覚がずれたのんびり屋のぼのぼのをはじめ、臆病なシマリスくん、短気でいじめっ子のアライグマくんなど、個性的などうぶつたちが織りなす不条理ギャグ。

4コママンガながら連結した物語が展開する「ぼのぼの」は、シマリスくんの「いぢめる?」というセリフがあまりにも有名。それ以外にも、のんびりとしたやりとりの中に何気なく挟み込まれる哲学的なセリフが「ぼのぼの」の魅力!

たとえば、ぼのぼのの「『生きるキリョク』 ってなんだろう 『生きるキリョク』がなくなるとどうなるんだろう」というセリフ。何気なく読み流してから、あとでハッと気づいて考え込んでしまいそう。他のどうぶつたちのセリフでも「古くならないものなんかないよ」「後でこまるんだったら 後でこまればいいじゃねえか なんで今こまるんだよ」「生き物の目的は生きて死ぬことだけじゃ 余計なことをつけ足すな」など、心に留めておきたい名言ばかり。ほのぼの哲学ワールドが堪能できる「ぼのぼの」、読むたびに新しい発見が絶対にあるはず。

kindleマンガを購入する

オオカミの上に君臨しているのは…うさぎ!?「うさぎは正義」

画像名

【あらすじ】
飢餓に苦しんでいたオオカミたちを助けたのは優しいうさぎだった。オオカミたちはもふもふしたうさぎにすっかり参ってしまい、以後はうさぎをボスとして崇めることに。一方のうさぎはいつオオカミたちに食べられてもおかしくない存在なのに、態度がなぜか尊大で……?

【おすすめポイント】
オオカミを従えるボスをはじめ、あまりにも自由なうさぎがたくさん登場するオムニバスコメディ。

注目はやはりうさぎたちの存在。オオカミのバナナとコマツナの上に立つうさぎのボスは毒舌なだけでなく、構ってあげてもとにかく愛想が悪い! おまけに、ボスはたまにけっこうな無茶ぶりをしてくることも。ただし、もふもふとした感じがなんともかわいらしいし、生意気な態度も愛おしくなってきて、バナナやコマツナでなくてもぎゅっとしたくなってしまうこと必至!

白くてフワフワした感じのボスを見ていると自分も癒されたくなってきて、うさぎを飼ってみたいなぁ…と思ってしまうかも!? この他にもうさぎたちが人間社会を一刀両断してしまうショートストーリー、井口病院先生の実体験をベースにして描かれた、うさぎ愛があふれすぎる飼い主のエピソードなども収録。うさぎの魅力を存分に堪能したい人にオススメ!

kindleマンガを購入する

肉食獣と草食獣の共存社会は果たして可能なのか……「BEASTARS」

画像名

【あらすじ】
現代の社会と同じような文明を持ち、人間のような二足歩行の肉食獣と草食獣が暮らす世界。エリート校として知られるチェリートン学園に通うハイイロオオカミのレゴシは、いかつい外見とは裏腹に優しい性格を持っていた。ある日、仲のよかったアルパカのテムが食殺される事件が発生してレゴシの穏やかな生活が一変してしまい……。

【おすすめポイント】
どうぶつたちが人間のような生活を送る世界にて、肉食獣と草食獣というお互い相容れない存在とどう向き合うか、レゴシの姿を通して描かれる青春群像劇。

レゴシは大きな体格と高い戦闘能力を持つ一方、性格は穏やかで繊細。秩序や弱者を重んじ、オオカミとして生まれたことへの劣等感から無害な存在でありたいと願っている。しかし、そんなレゴシに対して降りかかる試練の数々。

たとえば、雌ウサギの気配を感じてオオカミの本能を刺激され、思わず襲いかかってしまったりする。この雌ウサギはハルといい、以後はレゴシにとって大きな存在に。ただ、ハルに対する感情が恋なのか、それとも食欲を満たしたいだけなのか思い悩む。自分の感情にさえ疑いを抱いてしまう姿はあまりにも切なすぎる。さらに、事件解決のために半ば強要されたとはいえ、レゴシは肉食獣が草食獣を食べる最大のタブーを犯してしまうことに……。

レゴシだけでなく、肉食獣や草食獣たちがどんな考えを持ち、どう行動するのか、その展開から目が離せない!

kindleマンガを購入する

サラリーマン生活はどうぶつにとってもツラいんです!「アフリカのサラリーマン」

画像名

【あらすじ】
ライオンはアフリカにある大手企業の中間管理職として働くサラリーマン。トカゲやオオハシといった後輩たちとともに、今日も仕事に一生懸命! とはいえ、ライオンといえどもしょせんはサラリーマン。理不尽な目にたびたび遭ったりもして……。

【おすすめポイント】
どうぶつたちが背広を身にまとい、サラリーマンとしてあくせく働く日々をシュールに描いたコメディで、登場キャラクターは二足歩行のどうぶつばかり。ただし、ライオンは娘との関係を気にしていたり、体重が少々増加傾向にあって糖尿病にならないよう気をつけたりしている。

さらに、休み明けにはパソコンの使い方をきれいさっぱり忘れたりして、どうにも締まらない感じ。また、ライオンの後輩であるトカゲは周囲の目を気にしすぎる一方で、酔うと相手に絡みがち。もう1匹の後輩であるオオハシはノリのいい性格をしているが自己中心気味で、複数の女性と交際しながら浮気がバレないように複数のスマホを使い分けている始末。

どうぶつの姿をしているものの、そんな彼らの行動を見ていると、なぜか親近感が湧いてしまう人も多いはず。ケモノの皮をかぶったサラリーマンたちの生態に共感しつつ、思わずクスリと笑ってしまうのが「アフリカのサラリーマン」です。

kindleマンガを購入する

人間のような猫のとらじに胸キュンのファンタジー!「猫mix幻奇譚とらじ」

画像名

【あらすじ】
パ・ド・マリアーナ暦3332年、ねずみが人間の天敵となってから2000年以上経った頃のお話。ねずみと戦い続けていた勇者パイ・ヤンは息子のリオを『魔法のねずみ』にさらわれてしまう。リオの飼い猫で、魔法のねずみによって半人型のmixにされたとらじが魔法のねずみの匂いを覚えていたため、パイ・ヤンととらじはリオ捜しの旅に出る……。

【おすすめポイント】
「はじめのねずみ」を筆頭に強固な階級社会を築いたねずみたちに立ち向かう勇者パイ・ヤンとそのパートナーであるとらじの活躍を描いたファンタジー。

この作品には、魔法のねずみによってmixという半人型にされたどうぶつたちが数多く登場するものの、やはりずば抜けてかわいいのがとらじ! 猫の習性が残っているので、とらじはとにかくマイペース。命の危険が迫っていても目の前の食事を優先したり、気持ちよさそうに寝入ったりしちゃうことも。毎日つけている日記をパイ・ヤンに見せてほしいとせがまれても、黙ってぱたりと日記を閉じたりして、とらじの仕草がとにかくキュート。

実はとらじ、パイ・ヤンのことが苦手なようで、そんなつれない態度も納得!? とらじにあしらわれてばかりのパイ・ヤンといえば、勇者と称賛される存在ながら頭がけっこう固いうえに常識外れな部分も多く、とらじの猫ならではの行動に戸惑ってばかり。とらじとパイ・ヤンの凸凹コンビの旅の行方が気になって、まとめて読みたくなるハズ!

kindleマンガを購入する

挫折を繰り返しながら競走馬は栄光を目指して走り続ける!!「たいようのマキバオー」

画像名

【あらすじ】
かつて華々しい成績を残したミドリマキバオーの血を受け継いだ競走馬の文太は、ヒノデマキバオーという出走名で騎手の福留隼人(ハヤト)とともに高知競馬界でレースに出場していた。その役割は地方における客寄せパンダだったが、初勝利を機に文太は本気で走ることを希望。ケガの不安と戦いながら文太の本当の勝負が始まる!

【おすすめポイント】
高い人気を誇る競馬マンガ「みどりのマキバオー」の続編。前作同様、人間とどうぶつが対等に言葉を交わす独特の世界観になっている。

ただし、圧倒的な強さを誇ったミドリマキバオーとは違い、物語が始まった当初の文太は脚部に不安を抱え、地方競馬界の資金を稼ぐために走らされているだけの存在。そんな文太が初めて脚部の不安を無視し、全速力を見せて初勝利! ここから栄光の日々が…と思いきや、脚の負傷のために客寄せパンダに逆戻り。これが文太の闘志に火をつけて、本気でレースに挑むものの、故障の再発に悩まされたり、ライバルとの接戦に敗れたり…と苦難の連続。

また、よきパートナーとなるハヤトは競馬学校の受験に失敗した苦い過去を持ち、時には精神的なもろさを露呈することも。そんな文太とハヤトが己の劣等感と戦いながら中央競馬界でのし上がっていく姿は胸が熱くならずにはいられない! 競馬界の事情がわかりやすく描かれているので、競馬を知らない人でも楽しめる内容になっているのも魅力!

kindleマンガを購入する

人間社会に溶け込んだどうぶつたちになぜかほのぼの「あにまる荘202」

画像名

【あらすじ】
高校生の藤見敢自が1人暮らしを始めるために引越してきたアパート。2万円とあまりに安い家賃に事故物件と思いきや、実は敢自以外の住民がどうぶつで…。ラッコ、ネコ、ヒグマに囲まれながら、賑やかで楽しい敢自の新生活が始まった!

【おすすめポイント】
敢自とどうぶつたちのほのぼのとした日々を描いたハートフルコメディ。アパートに住んでいるのはヒグマの山田さん、ネコの伊藤さん、ラッコの高橋さんの3匹で、みんな人の言葉を話すどころか、ご近所さんとも普通に溶け込んでいる。おまけに、なぜかみんな世話焼きで、引越してきたばかりの敢自の面倒を見たくて仕方がない。

ただし、それぞれどうぶつの習性を持っているので、敢自が戸惑ってしまうことも…。たとえば、高橋さんが洗ってくれたジャージは、ラッコが暮らす海を再現した浴槽で洗濯したので磯臭さがプンプン。敢自の部屋にネズミが現れた時には伊藤さんに見つからないようにしたりして、とにかく敢自は気苦労が絶えない。

それでも何かと世話を焼いてくれる高橋さんたちを見ていると、心がなんだかほっこりとしてくる。それどころか敢自と同じように、どうぶつたちが人間の言葉を話せることが普通に思えてくるから不思議! 妙に人間社会になじんだ3匹たちとの共同生活に心癒されること間違いなし!

kindleマンガを購入する

どんな場面に遭遇してもマイケルはマイケル!?「What’s Michael ?」

画像名

【あらすじ】
雄のトラ猫であるマイケルは、サラリーマンの大林さん一家の飼い猫だったり、猫好きのヤクザに面倒を見てもらっていたりと、さまざまな人間と関わりを持っている。さらには人間のような生活を送っていたりすることも…。とはいえマイケルはいつでもマイケルで……!?

【おすすめポイント】
猫のマイケルを主人公としたオムニバスコメディで、エピソードによってマイケルの立場が変化。一般家庭で暮らし、その家の女の子のオモチャになることもあるし、脱獄した獣医に助けてもらったりすることもあり、マイケルの置かれる状況にはたくさんのパターンがある。また、猫や犬たちが二足歩行で生活し、野球や麻雀をしたりして、毎回違ったシチュエーションを楽しめる。

その中でマイケルは猫の習性をしっかりと踏襲。マイケルの行動を見ていると、「これ、あるある!」と思ってしまうことばかり。普段は無表情なのに、ここぞというタイミングで豊かな表情を見せるところも魅力。さらに、普通の猫だったら失敗するとじゃれてごまかすところを、マイケルは踊ってその場を取り繕おうとする。そんなマイケルのすっとぼけた仕草がまたかわいい!

猫の魅力がいっぱい詰まっているので、猫好きはもちろん、そうでない人も思わず笑ってしまうこと請け合い♪

kindleマンガを購入する

どうぶつの習性を魅力いっぱいに描いたものから熱い戦いが繰り広げられるもの、はたまた不思議な世界での活躍を見せてくれるものまで、どうぶつを主人公とした作品はさまざま。どの作品にもどうぶつへの愛があふれているので、読めば必ず心がほっこりするはず。

TOPICS

ランキング(マンガ)

ジャンル