top_line

霜降りせいや、突然の忍者化に心配の声 「めちゃくちゃ痛そう…」

ニュースサイトしらべぇ

14日、お笑いコンビ・霜降り明星のせいやが自身のインスタグラムを更新。充血した目を利用してのギャグに爆笑するファンが相次いだ。


■痛々しいほど真っ赤な目

せいやは、目が真っ赤に充血した状態の自撮り写真をアップ。手元は『忍者ハットリくん』のような印を結んでいる。

どうやら自身が番組のロケに参加している最中に突然目が充血してしまったようで、両目には涙が浮かんでおり、つらそうな様子が見て取れる。

View this post on Instagram

ロケで急に万華鏡写輪眼の開眼並みの充血発生 大事な人に手かけてないけどな

A post shared by 霜降り明星 せいや (@seiya_shimofuri) on Jul 14, 2020 at 3:35am PDT


関連記事:爆問・太田、霜降り・せいやのセクハラ報道を満喫 「最高に面白い」「渡部とは違う」

■「めちゃくちゃ痛そう…」と心配の声

せいやの真っ赤に充血した目を見たファンからは「めちゃくちゃ痛そう…」「すぐに眼科に行って!」「インスタに写真あげてる場合じゃないよ」と心配する声が相次いだ。

また、今回の投稿でせいやは「ロケで急に万華鏡写輪眼の開眼並みの充血発生。大事な人に手かけてないけどな」とつづっている。万華鏡写輪眼とは、漫画『NARUTO』シリーズに登場する「瞳術」のひとつで、発動すると目が赤くなることが特徴的だ。また、発動するための条件は「最も親しい友を殺すこと」とされている。

これを受け、ファンからは「せいや、忍びだったのか!」「万華鏡写輪眼が発動してるってことは、犠牲者は粗品さんかな…」など原作に絡めたセンスの良いコメントも寄せられていた。


■目が疲れたことは…

投稿には「疲れ目なら良いんだけど…病気には気をつけてもらいたい」といったコメントも見られた。朝の子供向け番組から、深夜ラジオまで幅広い分野で活躍しているせいや。多忙な毎日を送っていることが予想される。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「疲れ目」について調査したところ、全体で66.7%の人が「目が疲れていることがよくある」と回答した。

目の充血を人気作品を絡め、渾身のギャグとして昇華させたせいや。芸人ならではの根性を感じるが、重病の可能性も捨てきれないため、いち早くも眼科に行って診察を受けてもらいたいが…。

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル