top_line

誰かに愛されたかった。道行く人全員に尻尾を振り続けていた野良犬の物語(スリランカ)

カラパイア

野良犬が飼い主を見つける
愛されたかった。野良犬が飼い主を見つけるまでの物語 image credit: youtube

 3年前、スリランカの中部州ヌワラ・エリヤの路上に1匹の野良の子犬が暮らしていた。その子犬は、人間からの愛情を求めて、誰かが通り過ぎるたびに尻尾を振り続けていた。

 タイから訪れていたゾウの救済団体メンバーらは、偶然その子犬に遭遇した。抱きしめて立ち去ろうとすると必死に彼らの後をついてくる。メンバーらは、その場で急遽、子犬の飼い主を探すことに。
 
 そうして運よく飼い主が見つかりその3年後、メンバーは再びスリランカを訪れ、犬と再会した。犬は当時のように尻尾を振って走り寄った。彼のことをちゃんと覚えていたのだ。

Dog Recognize People Who Rescued Her For The Last 3 Years

路上で通行人に尻尾を振り続けていた野良の子犬


 スリランカにいるレクレクという犬は、今、幸せな永遠の家を手に入れている。家族はみなレクレクのことが大好きで、大切にしている。

 しかし、そこに至るまでのレクレクの日々は、必ずしも幸運に満ちたものではなかった。

 今から3年前、レクレクはヌワラ・エリヤの路上で野良犬として生活していた。寒さにも耐えながら、まだ子犬だったレクレクはその日の食べ物をどこで手に入れるかもわからない日々を送っていた。

 ぬくもりとやさしさを求めて、レクレクは路上を行き交う通行人が自分の前を通る度に尻尾を振って近寄って行った。

 いつか、誰かが自分のために足を止めてくれる日を待っていたのだ。

following_e
image credit: youtube

ついにレクレクに幸運が訪れる


 ある日、いつものように通行人に熱心に尻尾を振り、気を引こうとしていたレクレクに目を留めた人たちがいた。

 彼らは、タイのエレファント・ネイチャーパークで働くゾウの救済団体のメンバーで、ゾウの研究のためにスリランカを訪れていたのだった。

 急いでいたにもかかわらず、彼らは必死で尻尾を振って近寄ってくる小さな野良犬に足を止めた。

dog2_e0
image credit: youtube

 メンバーの男性がレクレクを抱きしめてやったが、その後一行はその場を立ち去ろうとした。

 しかし、レクレクは彼らの後を必死で追った。メンバーは、追ってくる犬を出会った場所へ戻そうとしたが、レクレクは追いかけるのを止めなかった。

 そのひたむきさに心打たれたメンバーは、子犬をなんとかして救ってやりたいと思い、路上で通行人に「犬を飼いたい人はいないか」と声をかけまくった。

 全ての通行人が拒否した中、「私が飼います」と名乗り出てくれた人がついにあらわれた。この時、メンバーのバスの運転手をしていたスサラスさんという地元の男性である。

 こうして、レクレクは永遠の家を見つけることができた。

dog3_e
image credit: youtube

3年後も助けてくれたメンバーのことを覚えていた


 メンバーらは、スサラスさんに子犬を託してタイへと戻って行った。スサラスさんは、レクレクを自宅へと連れ帰り、家族の一員として迎えた。

 永遠の家を手に入れたレクレクは、幸せに成長を続けた。

dog4_e
image credit: youtube

 3年後、メンバーの1人がタイからレクレクの様子を見にスサラスさんのもとを訪ねて来た。

 自分の名を呼ばれたレクレクは、すぐにその女性のところへ走り寄った。窮地を救ってくれた人だということを、レクレクはしっかり覚えていたのだ。

 女性は、レクレクがスサラスさん一家のもとで元気で幸せそうに暮らしている姿を見て、大きな喜びを感じた。

dog6_e
image credit: youtube

 この動画がSNSで拡散すると、ユーザーらからは「犬を救ってくれてありがとう!」「犬は助けてもらったことを絶対に忘れないよ」「保護されて眠っている姿を見ると、全身で安全を感じていたんだとわかる」「3年でとっても美しく成長したね」といった声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル