top_line

D-matcha「宇治茶冷やしぜんざい4種食べ比べセット」のお取り寄せ販売を期間限定で開始

GourmetBiz

宇治茶の主産地、京都府・和束町にてお茶を生産する農業法人「D-matcha株式会社」は、夏にぴったりの新商品「宇治茶冷やしぜんざい4種食べ比べセット」の期間限定お取り寄せ販売を7月10日より開始します。

夏の贈答品・自分へのご褒美デザートにぴったり。食べ比べて楽しい、ひんやり夏のお茶スイーツ

「宇治茶冷やしぜんざい4種食べ比べセット」は、抹茶・ほうじ茶・煎茶・和紅茶の4種類の濃厚なお茶味のぜんざいが楽しめるスイーツセットとなっています。

上質な宇治茶をたっぷりと使用し、濃厚な茶葉の旨味と、北海道産あんこのほんのりとした甘さが織りなす上品な味わいを楽しめるようになっています。

家族・友人でどのお味が好みか、食べ比べれば盛り上がること間違いなし。

夏の贈答品やご褒美デザートにぴったり。ちょっと贅沢な時間を演出してくれる、夏のひんやり和スイーツとなっています。

厳選した茶葉の味わいそのものが楽しめる、宇治茶食べ比べぜんざい

茶農家であるD-matchaが、今夏の新商品開発に選んだのは「冷やしぜんざい」です。濃厚な茶をぜんざいのスープがわりに使用することで、こだわりの自家栽培茶の味そのものを楽しめるようになっています。

茶を栽培する生産農家として、茶の魅力を存分に感じてもらうのにふさわしいスイーツと考え、同商品を開発しました。

自家栽培茶のみ使用。最後の一滴までおいしい、茶が主役のぜんざい

使用する茶葉は、今年収穫した自家栽培茶のみ。茶をスープ代わりとして使用するため、茶の品質こそが同商品の最も重要な味の決め手となります。このため、数ある茶の中でも、最上級グレードの茶葉を厳選し、たっぷりと使用しました。

茶葉の味わいを楽しんでもらうために甘さは控えめ。最後の一滴まで飲み干したくなるような、お茶が主役のぜんざいとなっています。

800年の歴史、宇治茶の主産地・京都和束町からお届け

D-matchaは、800年の歴史を誇る茶産地である京都和束町にて、茶の栽培から販売まで行っています。京都和束町は宇治茶の約4割を生産する茶産地であり、高級茶の栽培が盛んに行われています。

宇治茶ぜんざい食べ比べを通じて、日本茶のおいしさ・魅力を産地から発信します。

各種のお味の特徴~全4種:抹茶・ほうじ茶・煎茶・和紅茶味~

定番の抹茶・ほうじ茶味に加えて、珍しい煎茶と和紅茶味も用意しました。

どの味も、濃厚なお茶のスープの中に、具材として、北海道産あんこ・白玉・栗の甘露煮といった、茶の味わいを引き立てる和の食材が入っています。

煎茶と和紅茶味はミルク入り。茶葉の旨味に加えて、ミルクのコクが加わり、食べ飽きない味わいとなっています。

<抹茶味>

京都を代表する品種「さみどり」の一番茶のみを使用。宇治抹茶らしい旨味と香味の良さが楽しめる、贅沢な味わいとなっています。通常薄茶で使用する量の約1.3倍に相当する抹茶を使用しており、濃厚な一品となっています。冷抹茶を飲むような気分で楽しめるようになっています。

<ほうじ茶味>

京都・和束産のほうじ茶は、雑味が少なく香りが強いのが特徴。深煎りほうじ茶の焙煎香と茶葉のコクは、ぜんざいの和の具材とよく馴染みます。香り豊かなほうじ茶の味わいは、ほうじ茶好きの人はもちろん、大人から子供まで万人に愛される味となっています。

<煎茶味>

日本で最もメジャーな品種「やぶきた」の一番茶のみを使用した、珍しい煎茶味のぜんざい。数ある畑の中でも、渋み・旨味のバランスの良い、和スイーツに適した畑の煎茶を厳選しました。「やぶきた」ならではの清涼感のある香りと、ミルクや北海道産あんこの織りなす絶妙なバランスを楽しめるようになっています。

<和紅茶味>

収穫した茶葉をすぐ蒸して茶葉の酸化発酵を止める緑茶に対して、紅茶は酸化発酵を促すことで独特の華やかな香りが生まれます。和紅茶とは、日本の品種で作った紅茶のことです。独特のまろやかな甘みと渋みの少なさが特徴で、和洋のどちらのシーンでも合わせやすいお茶となっています。自家製和紅茶とミルクのまろやかな組み合わせが癖になります。

商品情報

「宇治茶冷やしぜんざい4種食べ比べセット」
価格       : 2,000円(税抜)
内容量      : 計4個(直径7.7cm×高7cmの透明プラカップ入り)
           …抹茶味×1個、ほうじ茶味×1個、
            煎茶味×1個、和紅茶味×1個
配送方法     : 冷凍クール便

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル