top_line

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「プレミアカップ用に育てたいポケモン」10選

ロケットニュース24

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「プレミアカップ用に育てたいポケモン」10選

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! ポケモンBOXの整理はしているかな? お兄さんはポケモンGOフェストに向けてコツコツ整理しているんだけど、やっぱり350くらいしか空かないよね。ぶっちゃけ、毎日「GOフェスまでにせめて500解放されますように!」って祈りまくってるよ!!

それはさておき、みんなはきっちり「GOバトルリーグ・シーズン2」もこなしているだろうか? 今回は2020年7月7日から「マスターリーグ」と共に始まった『プレミアカップ』に標準を絞って「育てたいポケモン情報」をお届けするぞ。

・初開催「プレミアカップ」

これまで「スーパーリーグ」「ハイパーリーグ」「マスターリーグ」の3階級で争われていたGOバトルリーグ。シーズン2もそろそろ佳境を迎えようとしているが、そんな中で初開催となったのが『プレミアカップ』である。

『プレミアカップ』は「CP制限なし」「伝説のポケモンなし」「幻のポケモンなし」の “3ナシ” の制限ルールとなっているから、これまでマスターリーグでイマイチ活躍の場が無かったポケモンに日が当たりやすい環境と言えるハズだ。

さて、今回も育てたいポケモンを教えてくれるのは「トレーナーバトルの鬼」ことAさんである。タネボーのコミュデイでは色違い49匹、ビードルは色違い62匹をゲットしたという鬼。主戦場の都内公園では、ソースが途切れると定期的にダッシュを繰り返すまさにガチ猛者である。そろそろ通報されんぞ!

それはどうでもいいとして、今回Aさんが教えてくれたポケモンは全部で10種類。プレミアカップは「CP制限なし」なので、どれもベスト個体値は100となっている。

・メタグロス

メタグロスはマスターリーグで言うところのディアルガです。コメットパンチは必須で、個体値が悪くてもコメットパンチのメタグロスを用意してください。基本はバレットパンチ・コメットパンチ・じしんの構成がいいでしょう。

ただし、メタグロスはタイプ的な耐久力はあるんですが、個体的な耐久力は意外と高くありません。ギャラドス・ラグラージあたりが天敵で、弱点を突かれると意外とモロいところがあります。とはいえ、プレミアカップのエースであることは間違いありません。

・カイリュー

カイリューはとにかく攻撃力が高いのが魅力ですね。レックウザなどと比較すると防御力も高く、バランスの良いドラゴンタイプです。基本的には「りゅうのいぶき」と「ドラゴンクロー」でゴリゴリ削っていくのがセオリーで、もう1つのわざは天敵のトゲキッス対策になる「ぼうふう」がオススメです。

ただし、コミュデイわざの「りゅうせいぐん」も捨てがたいんですよね。というのも、りゅうせいぐんはまさに一撃必殺の威力なので、メタグロスさえもギリギリまで追い込めるんですよね。ドラゴンタイプなので、みず・ほのお・くさタイプあたりには負けません。

・トゲキッス

マスターリーグでも活躍するトゲキッスですが、プレミアカップではさらに強さが際立ちます。とにかく、ノーマルアタックの「あまえる」ですよね。これで大体のポケモンはゴリゴリ削れますから、スーパーリーグのシャドウサーナイトを思わせる攻撃力があります。

メタグロスには勝てませんがカイリューに余裕で勝てますし、ラグラージやギャラドスにも負けません。スペシャルアタックはメタグロスに刺さる「かえんほうしゃ」は確定、もう1つは「げんしのちから」か「つばめがえし」で悩ましいところですが、個人的には「つばめがえし」がオススメです。

・カビゴン

耐久力が高く、弱点がかくとうタイプしかないカビゴンは、プレミアカップでも大活躍です。初手で出し負けしたときは、カビゴンで時間を稼ぐのがセオリーです。やはり、カビゴンはスペシャルアタックの種類が豊富なのがいいですよね。

ノーマルアタックは「したでなめる」で確定、スペシャルアタックの1枠も回転が早い「のしかかり」がいいでしょう。あとはメタグロス対策なら「じしん」で、カイリュー対策なら「げきりん」ですね。ミラーなら「のしかかり」「ばかぢから」でしょうか。メタグロスとカイリュー相手にイイ勝負をするので、カビゴンも登場頻度の高いポケモンです。

ご覧の通り、とりあえずのオススメは4種類。どのポケモンもきっちり育てておきたいところだ。また。プレミアカップでは「メタグロス対策」が欠かせない。以下6種類のポケモンは、メタグロス対策として使えるポケモンだ。

・ジバコイル

ジバコイルはとにかく「ワイルドボルト」がイイんですよね。溜まりも早くダメージも絶大なので、ブラフで「ミラーショット」を織り交ぜるといいでしょう。またコメットパンチに2重耐性があるのもいいですね。ただし、じしんは2重弱点なので「じしん」を1発喰らうと終わります。カイリューに勝てるのも大きいです。

・ギャラドス

メタグロス対策として理想的なのがギャラドスです。コメットパンチとじしんに耐性がありますし、なおかつノーマルアタックの「たきのぼり」が等倍で入るんですね。ただ「りゅうのいぶき」でもギリギリ勝てます。

スペシャルアタックは「かみくだく」が確定、もう1つはカイリューを意識して「げきりん」か、汎用性の高い「ハイドロポンプ」でしょう。ただし、ジバコイルには勝てません。

・エンペルト

メタグロス対策としては、コミュデイわざの「ハイドロカノン」でゴリ押していく感じですね。コメットパンチには2重耐性があるのも大きいです。ただし、じしんを喰らうと1発で終わるので、安心感としてはギャラドスの方があるでしょうか。

・ガブリアス

じめん / ドラゴンタイプのガブリアスもメタグロス対策として優秀です。ノーマルアタックのマッドショットは溜まりが早く、スペシャルアタックの「じしん」がメタグロスに刺さります。もう1つは「げきりん」がイイでしょう。また、ジバコイルに勝てるのも心強いです。

・ラグラージ

スーパー・ハイパー・マスターと、全てのリーグで活躍できるラグラージは、プレミアカップでも強いです。メタグロス対策としては「ハイドロカノン」と「じしん」でいいでしょう。ただし、カイリューとトゲキッスが相手だと厳しいんですよね……。その際はじしんを「ヘドロウェーブ」に変えてもいいかもしれません。

・ドサイドン

ドサイドンは「どろかけ」でメタグロスをゴリ押していきたいところです。コミュデイわざの「がんせきほう」は強烈なんですが、どろかけだとなかなかゲージが溜まらないんですよね。なのでもう1つのスペシャルアタックは比較的発動の早い「ばかぢから」がいいでしょう。

ドサイドンは「じしん」も使えるんですが、そこまで溜める前にやられてしまうんですよね。どろかけ型だとトゲキッスとカイリューには勝てませんが、ジバコイル対策としては超優秀です。意外と高い耐久力を活かした戦いをしたいですね。

・メタグロス対策は必須

まとめると、まずは何と言っても「メタグロス」を育成し、ついで「カイリュー」「トゲキッス」「カビゴン」といったところだろうか。また、絶対にメタグロス対策は欠かせないので、お手持ちのポケモンの中から高個体値のポケモンを育成するといいハズだ。

当然ながらプレミアカップはCP制限がないため、膨大なほしのすなが必要になる。とはいえ「MAXまで育ててた!」というポケモンがいるハズなので、ご自身のポケモンBOXとほしのすなと相談しながら、育成に励んでいただきたい。

というわけで、今回はプレミアカップ用に育てたいポケモンをご紹介した。あとは恐れずに戦うのみ! 負けて負けて強くなれ!!  涙の数だけ強くなれるよ! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル