top_line

【狂気】富士そばがスイーツそば『富士金時』を販売へ! 開発者はタピオカ漬け丼のレジェンド店長 / 羽生店長「意外と大丈夫です」

ロケットニュース24

【狂気】富士そばがスイーツそば『富士金時』を販売へ! 開発者はタピオカ漬け丼のレジェンド店長 / 羽生店長「意外と大丈夫です」

富士そばがまたやらかしている。タピオカが流行していた昨年2019年、『タピオカ漬け丼』を生み出した富士そばが、また! 私(中澤)は、この度販売が開始されるという新メニューの狂気に震え上がらずにはいられなかった。

そばを覆う抹茶かき氷のような物体。その上には白玉とあんこの塊が乗っている。その名も『富士金時』。よっ、ウマイこと言ったね! 座布団1枚……

言うとる場合か。

・三光町店の店舗限定メニュー

失礼、思わず叱りつけてしまったが、この情報を知った時の忌憚(きたん)のない私の気持ちのためご容赦いただければと思う。店舗限定メニューである『富士金時』。富士そばの広報によると、7月16日から新宿にある富士そば三光町店で販売開始の予定なのだとか。価格は520円とのこと。

・三光町店と言えば…

って、三光町店と言えば、まさにタピオカ漬け丼を生んだ店じゃないか。確認してみたところ、開発者はやはりタピオカ漬け丼と同一人物の店長・羽生さんなのだという。

タピオカ漬け丼が思いがけないヒットとなった羽生店長。いつしかそれはプレッシャーに変わっていったのだとか。「タピオカ漬け丼を超えないといけない」と。言わばライバルは自分。そんな飽くなき自分との戦いである。

そして生まれたのが、この『富士金時』だ。

・富士金時の正体

羽生店長によると、黄緑のヤツは抹茶味の大根おろしで、あんこに見えるのは間違いなくあんこなのだとか。さらに、あんこにかかっている白いのはコンデンスミルクで、そこに白玉を添えているという……

_人人人人人人人人人人人人人人_
> おかしなってもうてるやん <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ねえ、ちゃんと味見した? それだけが不安なんだけど。しかし、羽生店長の答えは力強かった。

羽生店長「意外と、抹茶を混ぜた大根おろしが良い仕事してくれるので大丈夫です」

──とのこと。大根おろしと言えば、辛みのある味が特徴だが、その辛みとあんこはどんなハーモニーを奏でるのか? 甘いのか? それとも辛いのか? ガチで想像がつかない。ただ、羽生店長いわく「大丈夫」。今言えるのはこれだけである。

・タピオカ漬け丼超えなるか

まあ、タピオカ漬け丼も意外とアリな味だったようなので、羽生店長が「大丈夫」と言うなら大丈夫なのかもしれない。とは言え、パッと見たら狂気しか感じない『富士金時』。はたして、タピオカ漬け丼を超えることはできるか? なお、個人的には超える必要はないと思う。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

※画像は試作品のため販売メニューとは外見が異なる場合があります

« 前回へ | 第1回から読む

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル