top_line

【戦慄】モンテローザのエナジードリンク『ワイルドモンテエナジー』の成分が尋常じゃない件 / どんな鬼シフトだろうと余裕で耐えられるレベル

ロケットニュース24

【戦慄】モンテローザのエナジードリンク『ワイルドモンテエナジー』の成分が尋常じゃない件 / どんな鬼シフトだろうと余裕で耐えられるレベル

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! それはそうと、今回は久しぶりに凶悪なエナドリがお出ましだぜ……。みんな覚悟してくれい。

白木屋や魚民などの居酒屋チェーンで知られる「モンテローザ」が今年5月、プライベートブランドのエナジードリンクを発売したんだ。その名も『ワイルドモンテエナジー』。モンテのオリジナルエナドリとか激アツすぎるだろと思ったら、案の定これが超ヤバイ代物だった。必見!

・モンテのエナドリ

恥ずかしながら『ワイルドモンテエナジー』の発売に気付いていなかった俺。先日たまたまモンテ系列のお店の前を通りかかり、そこに貼ってあったポスターを見て初めてその存在を知ったのだ。

なんでもモンテ系列の一部店舗にて、ステーキなどの肉弁当と『ワイルドモンテエナジー』がセットになった『プレミアム弁当』なるテイクアウトメニューが8月5日までの期間限定で販売されているという。エナエナ(ふむふむ)。

そこで一番高価な『キングステーキ弁当(税抜1180円)』ってのを買って帰ったのだが……。

気になるのはやはりエナドリだ。

・大公開

メタリックレッドのボディに、なぜかゴリラの写真がプリントされた『ワイルドモンテエナジー』。そこにはデカデカとこう書かれている。

「野生の魂よ、目覚めろ」

ちょっと何を言っているのか分からないが、とりあえず恒例のエナジーサーチから行ってみたい。

※説明しよう! エナジーサーチとは、エナジーマンが缶の裏の成分表示をただ眺めることである!!

・サーチ結果

エナエナ(ふむふむ)。ぶっちゃけ原材料、成分ともに超フツーだな。ナイアシン、ビタミンB2、B6、B12と種類はむしろ少ないくらいだ。極めてシンプルである。ところが……缶の下に書いてある数字に俺は言葉を失った。100ml当たりのアルギニンが200mgで、カフェインが……

64mgだと!!!!?

エンナァァァァァアアアアア! 多すぎィィィィィィイイイイ!! え、マジかこの量ッ! 不意打ちすぎるだろ……!! モンスターエナジーの1.6倍入ってるぞ! 略したらどっちも『モンエナ』なのに、差がとんでもないことになっている。

・最強クラス

カフェインの破壊力はイオンの最強エナドリ『エナジーハンター』に匹敵すると言っていいだろう(イオンは65mg)。たしかにこれを飲めば、野生の魂も目覚めるかもしれない。どんな過酷な鬼シフトだろうが逆に笑顔で耐えられるのではないか(暴論)。

ここでようやく味の方を確かめてみると……

よし、超フツー!

・味は普通

色も香りもマジで超フツーのエナドリテイストだ。炭酸は弱めで、レッドブルやモンスターエナジーと比べると角が丸く削り取られているというか、ややインパクトに欠ける味わいなのだが、酒で割る分には特に問題ないと思われる。

事実、購入した居酒屋には『ワイルドモンテエナジーサワー』や『角ハイワイルドモンテエナジー』といったアルコールメニューが用意されていた。もちろんエナドリ単品のテイクアウトも可能で、その場合は1本200円だそうだぞ(税込)。

全体的に至ってフツーのエナドリながら、一部の成分だけ異様な熱量で仕上げてきたモンテローザには狂気を感じざるを得ないが、コンビニ等で買えないという意味ではレア度は高い。見かけたらゲットしてみるといいだろう。

ただし! エナドリの飲みすぎはダメ絶対!! エナジーマンとの約束だからな! というワケで今日はここまで。また会おう。エンナァジイイイィィィッッ!

Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.

★エナドリ関連の記事はこちら → シリーズ「エナジー検証」

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル