top_line

ブシロード木谷会長「ピンチはチャンス!」 スタァライト、BanG Dream!、アサルトリリィ…舞台新情報を発表【レポート】

アニメ!アニメ!

ブシロード木谷会長「ピンチはチャンス!」 スタァライト、BanG Dream!、アサルトリリィ…舞台新情報を発表【レポート】

7月6日、ブシロード本社にて木谷高明会長による「ブシロード舞台に関する今後についての会見」および、ネルケプランニングの松田誠会長との「今後の舞台について」と題した対談が行われた。

会見では木谷会長より、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い公演時期や内容の調整が発表されていた3作品『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』『We are RAISE A SUILEN~BanG Dream! The Stage~』および『アサルトリリィ 2020年9月公演』に関する新情報が公開された。
また『アサルトリリィ』の正式タイトル『舞台「アサルトリリィ The Fateful Gift」』も初めて披露された。


7月3日から5日に上演予定だった『少女☆歌劇 レヴュースタァライト-The LIVE- 新作公演』が公開延期になったことに伴い、7月12日(日)18時より『少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE ONLINE-』と題した舞台オンライン舞台公演が配信される。

新作公演のエピソードゼロにあたる新しい物語で、舞台パートとライブパートの他、トークパートやメイキング映像も交えた約2時間のコンテンツになるという。
本公演の感染症対策について木谷会長は「スタッフ、キャスト一同抗体検査を行った。また、ネルケプランニング策定の感染症対策ガイドラインにのっとり充分注意した形で稽古を行っている」と説明した。

また同タイトル初の試みとなるオンライン公演については「普段の舞台ではできない新たなチャレンジが盛り込まれた、配信映像ならではの作品と言えるものになっている」「初めての人でも手軽に楽しめるものになっているのでぜひご覧いただきたい」と語った。
本作の詳細については既に公式サイト等で情報公開されており、チケットも発売中だ。

7月15日(水)から19日(日)にて上演予定だった『バンドリ!』シリーズの夏公演『We are RAISE A SUILEN~BanG Dream! The Stage~』は、当初の予定通り全9公演が集客を伴う通常の形式で上演される。

本作でもスタッフ・キャストへの抗体検査を行ったほか、稽古中の感染症対策の実施や劇場の定員数の調整によって安全に舞台が行えるよう対策がなされている。
また千秋楽以外の全公演がインターネット配信対応、千秋楽は全国の劇場にてライブビューイングが実施される。有料配信のチケットは販売中、ライブビューイングのチケットは14日より販売開始。

今回正式タイトルが発表された『舞台「アサルトリリィ The Fateful Gift」』に関する新情報公開は同作の岡田プロデューサーによって行われた。

本作でもキャストやスタッフの体調チェックや感染症対策を行うっているのに加え、客同士のソーシャルディスタンスを考慮し、会場をかめありリリオホール(東京都葛飾区)から東京建物 Brillia HALL(同豊島区)に変更した。
倍の収容能力を持つホールに場所を移したことで既にチケット購入済みの客全員が間隔を空けつつ観劇できる環境を整えた。

コロナ対策として会場内の換気と休憩時間を設けたため、夜の上演時間を19時30分から19時へと前倒しする他、会場や開演時間の変更に伴いチケットの払い戻しにも対応する。期間は7月11日(土)から31日(金)まで。

会期は9月3日(木)から13日(日)と変更はないが、既存の全10公演に加え5公演が追加された。
追加日程および一部日程のチケットの特別抽選受付が7月11日(土)から26日(日)の期間で行われる他、8月8日(土)からは全日程のチケットの一般販売も行われる。さらに初日や千秋楽を含む一部日程の有料配信や1月に実施された公演の無料配信も予定しており、後日公式サイト等で情報公開される。


■木谷会長「ピンチはチャンス」
会見に続いて、木谷会長とネルケプランニングの松田会長を交えた対談が行われた。以下、内容を抜粋してお届けする。

「顧客や役者の男女比について」というトピックでは、松田会長は「現状は女性客が中心でその分男性役者中心の公演が多い。そんな中にあって『レヴュースタァライト』はチャレンジングな企画だし、男性客に足を運んでもらうことに成功した稀有な例だと思う」と述べた。

木谷会長は「(舞台には)2つ開拓できる層があると思っていた。1つは男性客。私もだが、男性は1.5時間くらいで集中力が切れる。情報量の多さや密度の濃さには慣れているので『レヴュースタァライト』では構成を短めにしてメリハリをつけている。役者の退場が小走りなのもその一環」「もう1つの層は、かわいい女の子が好きな女性。昔から宝塚ではカッコいい女性役者にファンがついているが『レヴュースタァライト』では女性のカッコいいとカワいいという両方の要素が入っている。それが新しいお客さんを招き入れたのでは」と説明した。

木谷会長が「(お客さんの)男女比が半々くらいになれば成熟したと言えるのかな?」と問うと、松田会長は「ブロードウェイなど世界のお芝居やミュージカルに目を向ければ男女比にそれほど違いはない。日本ではまだ顕著に女性客の方が多い」と答え、日本のステージシーンのポテンシャルを示唆した。

「コロナ禍が終わっても舞台の有料配信は継続するのか?」というトピックに対しては両者とも前向きな姿勢を示した。
松田会長は「以前はライブビューイングや有料配信はおまけ的な存在だったがそういった考えも近年変わりつつある。地方の方や海外の方など配信の方が見やすいという方も多い」「生でできないから、という引き算的な考えではなく、今回の『レヴュースタァライト』のように配信ならではのものを作る足し算になっていくのでは。2.5次元などの舞台は日本の中だけで発展してきたが、今後は字幕を付けて海外展開するという事もあり得る」と展望を述べた。

木谷会長は「舞台に初めて取り組んだ時はどうして同じ舞台を何度も見に来る人がいるのかが疑問だった。その時「1回1回違うんですよ」と言われ、舞台には回ごとのちょっとした違いを楽しむという楽しみ方があることが分かった。それを考えれば、1回は地方から公演を見に行って他の回は配信で楽しむという需要もあるんじゃないか」と答えた。

舞台やライブ業界の現状や今後について、松田会長は「コロナウイルスの影響で3月から中止や延期になっていた公演が、PARCO劇場さんの三谷幸喜さんの作品(『大地』)が客席50パーセントで上演したのを皮切りに7月から徐々に再開している」「無観客上演を配信するスタイルにも慣れてきており、最悪の場合お客が一人もいなくても上演ができるようにはなった。でも舞台は可能な限りお客さまに直接見ていただきたい。ミニマムは客席50パーセントでの上演とし、状況の改善にあわせて徐々に割合を増やしていきたいという考えの方が多いのでは」と述べた。

松田会長が「これまで満席の客席を見るのが当たり前になっていた。お客さまのありがたさを実感した」と言うと、木谷会長は「来場できない公演でもお客さんが通販でグッズを買って支えてくれた」という事例を挙げ、舞台は客に支えられているという共通認識を示した。

対談の最後に松田会長は舞台ファンに向けて「ようやく長いトンネルを抜けつつある。すぐに前と同じにはならないが、エンタメも舞台も絶対になくならない。また会場や配信でまたお客さまと絆を深めていきたい」と投げかけた。

木谷会長は「新しい発明や習慣にはピンチの時に生み出されたものが多い。ピンチはチャンスだと考えチャレンジし、新しいものを生み出していきたい」と表明し、「ブシロードの舞台を今後ともよろしくお願いします」と対談を締めくくった。

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル