top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

「事務所が言う必要ない」カズレーザー、木下優樹菜の引退劇に疑問

アサジョ

 メイプル超合金のカズレーザーが7月7日、スペシャルキャスターを務める「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演、木下優樹菜の突然の引退劇について見解を語った。

 木下の所属事務所であるプラチナムプロダクションが、今後の活動について慎重に協議をする中で木下からの申し出もあり、専属マネジメント契約を解除したと発表したことについて、カズレーザーは「事務所が信頼関係を維持するのは困難というのはわかるんですけど、事務所を離れるんじゃなくて、引退するっていうところに進んだっていうのが気になりますね」と語り、続けて「最近、独立や引退する方も見受けられますけど、あまりこういった文言が事務所からのコメントに登場するということはないと思う」と疑問を呈し、さらに「こういうコメントは事務所側としてはあまり言う必要がないじゃないですか。言わざるを得ないなんらかのリスクがあったのかなって勘繰ってしまう」と指摘した。

 また国際政治学者の三浦瑠璃氏も「普通に考えれば週刊誌報道を止めるために引退したと読めますよね」と語り、文春オンラインで事務所関係者が「これ以上のリスクを抱えることはできない、何かあったときに守りきれない」と語ったと報じられたことについて、「普通に考えれば、この事務所関係者がなんらかのことを知っていることを示唆している時点で、週刊誌報道を止めるために引退したと読めますよね」と週刊誌報道に対しての防御線としての引退ではないかと見方を示した。

「このカズレーザーと三浦氏のやりとりを受けてネットでは《普通に考えれば事務所もかばいきれないタピオカ事件以外の大きな問題が浮かんできているのでは?》《この先、二の矢三の矢が放たれて木下優樹菜が串刺しになっても、事務所としては「発言する立場にありません」と言いたいのだと思う》《一部じゃ男性トラブルって言われてるけど、不倫レベルのスキャンダルなら引退までいかないよね》など、木下優樹菜の引退原因を詮索する意見が溢れました。カズレーザーや三浦氏のいうように、復帰宣言から1週間もたたないうちに活動再自粛ではなく、一気に引退という決断に至ったということは、相当大きなトラブルが発覚したと考えるのが普通でしょう。ネットの反応のように、この後、週刊誌報道で明らかにされるのか、または一私人となった木下への追及が止むのか。今は事態の推移を見守るしかないですね」(芸能記者)

 事務所という後ろ盾も失ってしまった木下。元夫の藤本敏史は「彼女は本日を以て芸能人ではなく一般の方になります」と報道への配慮を求めるコメントを発表したが、その願い通り、騒動は収まるのだろうか。

(多部順)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル