top_line

世界的アニメ主題歌のオーディションのグランプリは14歳のシンデレラガール!! 劇場版「DEEMO THE MOVIE」梶浦由記の主題歌を歌う歌姫が決定!!

music.jp

世界的アニメ主題歌のオーディションのグランプリは14歳のシンデレラガール!! 劇場版「DEEMO THE MOVIE」梶浦由記の主題歌を歌う歌姫が決定!!(C)music.jp グランプリは東京都在住・高島一菜さん14歳の中学三年生



日本時間の7月4日(土)10時45分に『Anime Expo Lite 2020』のオフィシャルYouTubeにて劇場アニメ化が進行中の「DEEMO THE MOVIE歌姫オーディション」の最終選考が発表され、弱冠14歳のシンデレラガール・高島一菜(たかしま ひなの)さんがグランプリを獲得してメジャーデビューを果たすことが決まった。

毎年アメリカ・ロサンゼルスで行われる北米最大のアニメカルチャーコンベンション「Anime Expo」。今年はコロナウイルス感染症の拡大予防のため中止となったものの、オフィシャルサイトにて「Anime Expo Lite 2020」と銘打って7月3~4日の二日間に渡り、開催予定だったゲストを迎えたアニメ作品の発表(パネル)やワールドプレミアなどを世界中にストリーミング配信を行っている。

そんな中、注目を集める「DEEMO THE MOVIE」のパネル「DEEMO THE MOVIE –UTAHIME AUDITION FINAL-」が、ロサンゼルスと日本とをZOOMで結んでの二元中継という形で開催された。

パネルでは世界的アーティストであり、主題歌を提供する梶浦由記氏と音楽プロデューサーの森康哲氏、加えてポニーキャニオンより西中寿英と柳田光康の4名が日本から参加。
そしてAnime Expo Lite 2020のシニアディレクターの松田あずさ氏がLAからこの発表のためオンライン上で一堂に会した。

世界中から1400名以上のエントリーが殺到し、オーディションもZOOMを交えた選考を重ねてきて、当日の発表を迎えるにあたり、森氏は「映画にとって非常に大きなピースの一つが埋まりました!」と画面からも期待感を煽られる。そんな中、第三次オーディションで選ばれた6名のファイナリストから勝ち抜きグランプリに輝いたのは東京在住の弱冠14歳・高島一菜さんが発表されると世界中の様々な言語で祝福のコメントが寄せられた。


選考にあたっての軸として梶浦氏は「特殊な形なオーディションとなりましたが、基本は”歌”。歌で生きていかなければいけない人を選ぶわけなので、”歌の力”で音楽をやっている姿を綺麗に魅せるチャームを見せてくれる方。「DEEMO」という作品のイメージに合う方を選ばせていただきました。」と語ると、森氏は「優勝者の決め手は歌唱力と将来性」とグランプリの可能性を称賛した。



松田氏からは「今回のオーディションはこの日本のアニメ主題歌がきっかけとなって、世界中の人々が参加できるように門戸を開いたということは画期的でした。作品と新しい歌姫のこれからに期待したいと思います。」と半年に渡り開催されたオーディションに関して世界的意義も踏まえたコメントで総括した。

グランプリの高島さんはオーディションで歌った課題曲の3曲を披露し、その歌声は全世界へと配信された。歌唱を終え、感想を聞かれると「まだ夢のようで信じられません。ふわふわしています(笑)世界中の人の心を揺さぶる歌手になりたいという夢の第一歩が叶いました。”高島一菜を選んで良かった!”と言われるように一生懸命主題歌を歌い上げたいと思います!」とはにかみながらも力強く答えた。

なお、このグランプリ獲得の模様は日本でも7月5日(日)にBS日テレで放送される「DEEMO THE MOVIE歌姫オーディション」でも最終選考にいたる過程とともにオンエアとなる他、パネルの模様もAnime Expoのオフィシャルサイトでオンデマンドでの視聴が可能となっている。

世界に羽ばたくシンデレラストーリーの始まりと共に期待感が高まる劇場版アニメ「DEEMO THE MOVIE」を是非チェックしてもらいたい。




■■Anime Expo Lite 2020:

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル