top_line

野間口徹が大学教授、谷口翔太が編集者に! ムロツヨシ・永野芽郁出演ドラマ『親バカ青春白書』にレギュラー出演

music.jp

野間口徹が大学教授、谷口翔太が編集者に! ムロツヨシ・永野芽郁出演ドラマ『親バカ青春白書』にレギュラー出演(C)music.jp ムロツヨシ主演、永野芽郁共演の日本テレビ系日曜ドラマ「親バカ青春白書」[2020年8月2日(日)22:30初回スタート]より、新たなレギュラー出演者として野間口徹と谷口翔太が発表され、2人のコメントが到着した。

福田雄一(「今日から俺は!!」など)が手掛けるオリジナルドラマとなる今作は、たった二人の“父と娘の親子”が同級生となり、大学生活で絆を深めていくホームコメディ。核家族の時代に、父であり、母であり、祖父母でもあり、ともだちであり、同級生でもある父と娘の、微笑ましい“家族の愛”を描く。

ムロツヨシが演じるのは、妻を病気で亡くし現在は父娘二人で仲良く暮らす、娘のことが好き過ぎるシングルファーザーで小説家の“ガタロー”こと小比賀太郎。女子高育ちで初の共学となる大学に通う娘が心配なガタローは、娘と同じ大学・同じ学部に入学し、娘や同級生たちよりも青春をエンジョイしてしまう…。そして永野芽郁は、ガタローの大事な箱入り娘・小比賀さくら役を務める。

さらに、さくらの恋人候補・畠山雅治を中川大志、さくらの親友・山本寛子を今田美桜、同級生の根来恭介を戸塚純貴、同級生の衛藤美咲を小野花梨、ガタローの最愛の妻でさくらの母親・小比賀幸子を新垣結衣がそれぞれ演じる。

そしてこの度、ガタローとさくら親子をはじめとする同級生グループが通う立青大学の大村教授役に野間口徹、ガタローを担当する出版社の編集者・尾崎役に谷口翔太が決定。

野間口徹が演じる大村教授は、6人の同級生グループの必修科目を担当する大学教授で、入学式後には6人のガイダンスも担当する。教室に自分と同世代の“おじさん”が紛れ込んでいたことに違和感をおぼえた大村教授は、ガタローを呼んで事情を確認するが、自分にも高校1年生と小学校5年生の2人の娘がいることから、ガタローの“娘への熱い想い”を理解。ガタローにとっては同世代の良き理解者で、友だちのような役柄となる。

一方、谷口翔太が演じる尾崎は、さくらのことが気になっているため、ちょくちょくガタローの家を訪れては、さくらが作る夕食を幸せそうに食べる。ガタローも、そんな尾崎のさくらへの好意になんとなく気づいており、尾崎のちょっかいを全力で防ごうとする。

なお、レギュラー出演者はあと1人いるとのことなので、気になる人は続報のチェックをお忘れなく。日曜ドラマ「親バカ青春白書」の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

■野間口徹(大村教授 役)コメント

ご覧頂いた方々が、余計な事を考えず、ただただニヤニヤ笑って過ごす1時間を提供出来れば、これ幸いです。今回演じる、大村教授の役は、自分が高校時代に好きだった先生達をミックスして作ってます。皆さんの中にもあるような、モノマネされやすい先生達です。
ムロさんの事は昔っから大好きで、気を抜くとすぐ笑ってしまうので、いつも以上に集中力が必要です。永野芽郁ちゃんは、気を抜くと見惚れてしまい、自分のセリフを忘れてしまうので、これまた集中しないとです。なんにせよ、集中力を要求されるお二人です。
娘を思うあまり同じ大学に通うのは、流石にやり過ぎだとは思いますが、そういう気持ちは分からなくは無いです。通わないけど、何回かこっそり着いて行くくらいは、やってしまうかも。

■谷口翔太(尾崎 役)コメント

お芝居したい欲が溜まりに溜まっていた時、福田組のお話をいただきました。まさに、この溜まりに溜まった“お芝居したい欲”を爆発させる時が来たのです。福田監督、ムロ座長、永野芽郁さん、素晴らしい出演者の皆様と共に、笑って泣いて、心がホッコリする…そんな日曜日の夜に参加出来て嬉しいです。中川大志さんが、(ガタロー親子と)三角関係と言っていましたが、いやいやいやいや、四角関係になれるように頑張ります。

■日曜ドラマ「親バカ青春白書」

<第1話[8月2日(日)放送]あらすじ>
最愛の妻(新垣結衣)を亡くし、男手一つで娘を育て上げた売れない小説家・小比賀太郎(通称:ガタロー)(ムロツヨシ)は、ド天然の愛娘・さくら(永野芽郁)のことが大好きすぎる筋金入りの親バカ。女子高育ちのさくらが共学大学に通うことを心配するあまり、同級生として同じ大学に入学することに!陰に日向に娘を守りながら、新たな仲間たちと共に意外に楽しい二度目の大学生活を満喫するガタローだが、さくらの身に史上最大の危険が迫っていた……!

公式HP⇒https://www.ntv.co.jp/oyabaka/

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル