top_line

見違えるほど着痩せする!?周りと差がつくTシャツの選び方

つやプラ

これから夏にかけて出番が多くなる「Tシャツ」は、休みの日に1枚で着ることはもちろん、お出かけや通勤スタイルのインナーとしての着回し力も高いアイテムです。気軽に洗濯することができるので、お手入れがラクな点も魅力ですよね。

しかし、薄手で肌の露出も多くなるため、選び方を間違えると太って見える場合もあります。

スタイリストの筆者が、気になる部分を隠しながら今っぽさを手に入れる「おすすめの大人Tシャツの選び方」をご紹介します。

■ドロップショルダーなTシャツを選ぶ

二の腕や肩幅が気になるという方は、「袖周りのデザイン」に注目してみてください。

肩部分にがっちり境目があるTシャツは肩幅が広く見えてしまい、腕まわりのお肉をそのまま拾ってしまいます。肩の境目が落ちた「ドロップショルダー袖」のものか、肩部分に縫い目がない「キャップスリーブタイプ」を選んでみてください。

肩を包み込むようなデザインの袖なら二の腕や肩幅がまるっと隠せるので、カモフラージュ効果抜群です。

また、通常のタイプの袖よりグッと女性らしさを演出できるので、Tシャツがイマイチ苦手という方にもおすすめです。

■薄手すぎず、厚手すぎない素材のものを選ぶ

「Tシャツの素材」も、着やせするかどうかを左右する重要な要素です。

下着はもちろん、肌まで透けてしまうような薄手のものはお肉感が目立ってしまい、膨張して見えるのでNGです。反対に、ゴワっとした厚手すぎるものも身体を大きく見せてしまう場合があります。

肌感が出ず、ほんのりツヤを感じるような素材のものが理想的です。

大人Tシャツはカジュアルだけではなく、きれいめなコーディネイトにも使えます。ブラウスのような着こなし方もできるので、万能選手となってくれるはずです。

■腰骨丈のTシャツを選ぶ

お腹周りが気になる場合は長め丈のTシャツですっぽりと隠してしまうという方法もありますが、細身のボトムス合わせが必須となってしまいます。長め丈のTシャツと今、主流のゆったりボトムスを合わせてしまうと、のっぺりとしたコーデになってしまうからです。

腰骨くらいの丈のTシャツなら、ゆとりのあるボトムスを合わせてもウエストインせずに着ることができます。お腹周りもカモフラージュでき、脚も長く見えるのでスタイルアップ効果も期待できます。

サイドにスリットが入っているTシャツを選べば、よりお腹周りにゆとりが生まれすっきりとしたコーディネイトにまとまります。

ポイントをおさえてTシャツを選べば見違えるほど着やせが叶い、自身ももてるはずです。気になる部分をうまく隠しつつ、ラクでおしゃれなTシャツスタイルを楽しんでみてください。

(スタイリスト/ライター 森田 文菜)

TOPICS

ジャンル