top_line

梅雨は香りで気分転換を!気分が上がる暮らしの香りアイテム

つやプラ

梅雨時は気分もジメジメし、イライラしがちです。そんな時は、脳にダイレクトに届くといわれている、「香り」に注目してみてください。

ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、気分が上がる暮らしのなかの香りをご紹介します。

■気分が上がる暮らしのなかの香り4つ

(1)ランドリーリキッド/ecostore

「ecostore」はニュージーランドの夫婦が開発したホームケアブランドで、有害で不要な化学物質を一切使っていないエコに配慮した製品です。

モノクロのシンプルなパッケージもお洒落です。清涼感のあるユーカリの香りは、洗濯が楽しくなりそうです。
(全3種 500ml 1l 5l 20l 通常購入税抜価格680〜18,780円)

(2)ディフューザー/Jo MALONE LONDON

英国発の洗練された香りをディフューザーで楽しんでみてはいかがでしょうか。「Jo MALONE LONDON」は1994年に創立された伝統のあるブランドで、英国スタイルの文化の匂いがただよいます。

一番人気のイングリッシュペアー&フリージアは、瑞々しく高貴な香りです。見た目のフォルムも美しく、お部屋に置くだけで洗練されたインテリアの一部になります。
(全8種 165ml 税抜価格12,000〜14,700円)

(3)クレイハンドソープ/SHIRO

「SHIRO」は、こだわりの素材から生まれた自然派ブランドです。最近は手を洗う回数が多いと思うので、ハンドケアシリーズがおすすめです。

ホワイトティーのさわやかな香りは、手を洗う時間を癒やしの時間に変えてくれそうです。手指を清潔に保つ「ハンドスプレー」や「ハンドジェル」も発売されています。
(全4種 145ml 税抜価格2,000円)

(4)ポプリ シリーズ/サンタ・マリア・ノヴェッラ

世界最古の薬局といわれている「サンタ・マリア・ノヴェッラ」のポプリは、フィレンツェの丘に今も咲き続けている草花から作られています。

植物の実や葉、花びらが熟成され発酵したような香りは、まるで深い森のなかにいるかのように感じます。寝室やクローゼットのなかに置いても良いでしょう。
(ノープリントプライス)

毎日の暮らしのなかで香りと上手く付き合うことができると、気持ちも上手くコントロールすることができます。あなただけの特別な香りと共存するように暮らしてみてはいかがでしょうか。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田 真由子)

TOPICS

ジャンル