top_line

ガニまたで歩くミョウガ? ユーモラスな見た目と、忍者のような特技を持った鳥/キモイけど実はイイヤツなんです。⑧

ダ・ヴィンチNEWS

見た目がへんな生き物大集合! 大人気YouTubeチャンネル「へんないきものチャンネル」が、新登場の生き物も仲間に加えて1冊の図鑑に。裸で出っ歯なハダカデバネズミは、実は老化知らず? キモい生き物たちのすごい能力や意外な一面が満載の生き物エンタメ本が登場!

肉も内臓も骨の髄(ずい)まで真っ黒。神聖なニワトリ/キモイけど実はイイヤツなんです。⑦

『キモイけど実はイイヤツなんです。怖いのに何だかかわいく思えてきちゃう生きもの図鑑』(ろう:著、實吉達郎:監修、川崎悟司、バニえもん:イラスト/KADOKAWA)

ミョウガの妖精?

ガニまたが気になる…

ヨシゴイ

プロフィール名前 ヨシゴイ学名 Ixobrychus sinensis分類 鳥類生息地 アジア大きさ 体長31~38cm

ヨシゴイは“鳥界のミョウガ”と呼ばれ、ミョウガのようなボディにガニまたの足がちょっと奇妙だね。ヨシの葉に擬態しているけど、結構バレバレ。首をにょ~んと伸ばすだけで、本当にそれで大丈夫なの…? 擬態は下手かもしれないけど、足の指の広がりが広くて水に浮かぶ葉っぱの上を歩ける、忍者のような得意技もあるんだよ! 池の真ん中までやってきたら、葉っぱの上から首を伸ばして魚を食べるんだ。とっても器用なんだね!

ヨシゴイはペリカン目サギ科ヨシゴイ属に分類される鳥で、日本には夏に繁殖のためやってくることもあります。その独特な見た目や擬態方法がネット上で話題になり、「歩くミョウガの妖精」「ガニまたのオヤジ」など散々な異名が付けられました。現在は準絶滅危惧種になっています。擬態が下手だから…ではなく開発による生息地の減少が原因です。

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル