top_line

10万円給付のスピードには地域差も 現場からは「限界超えている」との声

ニュースサイトしらべぇ

新型コロナの経済対策として、国民1人あたり一律10万円を配る特別定額給付金。この給付スピードに地域差が出ていることが、取材でわかった。また、現場のあちこちから悲鳴が聞こえてくる状況。しらべぇ取材班は、現場の生の声を追った。


■自治体間で大きな差が

総務省によると、給付率の平均は、24日時点で把握した範囲で全国5853万世帯のうち64.7%だ。「競争をあおる」として自治体ごとの給付率は公表していない。

しかし、しらべぇ取材班が各自治体に聞いたところ、給付率に大きな差があることが分かった。一体、現場で今何が起きているのか。


関連記事:10万円給付金の申請書に「希望しない」欄 なぜあるのか総務省に聞いてみた

■申請書類が一挙に返送

26日時点で給付率8%の千葉市。区政推進課によると、6月の頭から申請書の郵送を始めたが、開始1週間の間に、全体の約7割にあたる30万通が一挙に返送されてきたという。千葉市は、問い合わせのためのコールセンター業務と事務処理を業者に業務委託している。

しかし、開封作業やシステム登録に想定以上の時間を要していることと、システム開発に1ヶ月かかったことが、遅れている主な原因だという。現在までの申請書類の不備は、1割にも満たない状態だそうだ。

作業に市役所職員も動員して処理スピードをあげており、現在までに受け付けた分については7月中には振り込みを完了できるとのことだ。


■給付率高い札幌市の現状は

一方で、108万世帯を抱える札幌市の26日現在の給付率は、92%。札幌市特別定額給付金担当課によると、5月18日から申請書類の発送を始めたところ、5月26日から書類が順次返送されてきたという。翌日の27日には、振り込みを開始。

リーマンショックや消費税増税時に使ったシステムを、手直しして活用したため、システム開発にはそれほど時間を要せずに済んだという。

■高い給付率の要因とは

札幌市のスピディーな支給要因は、ほかにもある。全国の自治体は、オンラインによる申請を先に始めたため、これが大混乱の引き金となった。オンライン申請では、間違った内容が入力されたり同じ人が何度も入力したりすることが、トラブルの要因になった。

そのため、札幌市は当初オンライン申請を見送り、郵送のみの受付とした。そのため、全体の99%は郵送申請によって処理できたという。それと同時に、新たなシステム開発を始め、ある程度の処理が終わった段階でオンライン申請を導入した。

担当者は、「オンライン申請トラブルに巻き込まれなかったことは、非常に良かった」と語った。


■現場からは悲鳴の声が多数あがる

また、SNS上では、現場の給付金担当者から、悲鳴が多くあがっている。「深夜の2時から3時まで作業をさせられる」、「現場の仲間が辞めていってしまった」などといった声だ。

千葉市は、この点について、「作業しているスタッフは、終電までには帰ってもらうようにしている。ただ、休日も交代で勤務している状況ではある」と語った。

札幌市は、「業務委託しているスタッフでは対応できない問い合わせを、市職員が日中ずっと受けている状態。そのため、作業はどうしても夜間になってしまう」と話す。


■厳しい対応を迫られる現場

しらべぇ取材班は、地方都市で連日深夜の2時過ぎまで灯りがついている市役所を確認。ここの職員は、「国の言うことが、コロコロと変わるために、その都度現場は混乱する。また、市民からは、『早く振り込まないと、殺すぞ』といった脅迫めいた電話もかかってくる」。

「すでに休職した職員もおり、現場はもうとっくに限界を超えている」と厳しい現実を語った。

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル