top_line

菅田将暉「そんなとこが…」と驚き!Creepy Nutsコラボ曲『サントラ』に隠された”技”がヤバイ

COCONUTS

毎週月曜日深夜1時から放送のラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送ほか)。6月29日の放送では、ヒップホップ音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がゲストで登場。菅田さんとCreepy Nutsのコラボ楽曲「サントラ」がフル解禁され、話題となりました。

■DJ松永が菅田将暉の声を盗聴!?「iPhoneのボイスメモをオンにして…」

先週、菅田さんが同局の「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」にゲスト出演し、ワンコーラスだけ解禁されていたコラボ楽曲「サントラ」。フル解禁はこの番組で行われると予告されており、注目が集まっていました。

菅田さんのオープニングトーク後、Creepy Nutsの二人が登場し、同世代の仲良しトークを繰り広げながら、本題のコラボ曲の話題に。

先週のゲスト出演を振り返り、菅田さんは「あの後のアフタートークで俺知ったんですけど、曲の最中の笑い声とかを、レコーディングの時に盗聴してたって…」とDJ松永さんに問いかけます。

すると、DJ松永さんは「そうです。菅田さんの声を盗聴して。iPhoneのボイスメモをオンにして」ときっぱり”盗聴”を認め、笑いを誘いました。

■菅田将暉「そんなとこが…」と驚き!Creepy Nutsコラボ曲『サントラ』に隠された”技”がヤバイ

DJ松永さんは、曲作りの際、歌詞に合わせて細かいところまで音を入れ込むのが得意とのこと。

今回も、「笑わせる仕事」という歌詞に合わせて菅田さんの笑い声を入れ込むなど、DJ松永さんの”技”が随所に散りばめられているそうです。

そのため、初めから菅田さんの声を貰おうと考えていたDJ松永さんは、菅田さんとR-指定さんがレコーディングしている時、こっそり盗聴していたのだそう。

この仕事ぶりに、菅田さんは「痺れた~」「トラック作りに、そんなとこが隠されてたんやな」と感心。DJ松永さんが「菅田さんの声を、オフィシャルで盗聴できる機会あんまりないなと思って」と笑いながら釈明すると、R-指定さんから「いいんか!?」とツッコミが入り、周囲を笑わせました。

■DJ松永が命名した「サントラ」の意味…菅田将暉「今回、ちゃんとしてます」

また、DJ松永さんが命名した「サントラ」について、R-指定さんが「(Creepy Nutsの)音楽を作る仕事と、菅田さんの俳優という仕事。この2つを、俺が対比するような歌詞を書いていて」「板の上に立つような仕事をやっているような人間の心情とか、戦い方みたいなことを描いてる歌なんですけど」と説明します。

さらに、R-指定さんは「(3人の)仕事が、聞いてるリスナーとか、見てくれる視聴者達にとって、俺らの活動が人生のサントラ、人生のBGMになれば」「聞いてる人・見てる人達が、人生の主役として。そこに流れてる”サントラ”として、俺たちの音楽が流れればなって意味で、松永が『サントラ』っていうタイトルを付けてくれたんですよね」と、しっかりしたコンセプトをリスナーに伝えました。

これを聞いた菅田さんは「今回、ちゃんとしてます」と一言。続けて「ここでふざけられないですからね。ここでふざけてたら、『何してんねん!』って話」とコメントし、二人を笑わせました。

■「サントラ」フル解禁に「熱い」「カッコいい」の声続々!

ここで、いよいよコラボ楽曲「サントラ」がフル解禁されました。

楽しみにしていたファンからは、ネット上に「いやあ素晴らしい!これ聴いたら日々の困難に立ち向かっていける気がする」「サントラめちゃくちゃ熱いじゃねえか…」「めっちゃくちゃカッコいいぞ!!!」など、絶賛の声が多く上がりました。

しかしその後は、タイトルの「サントラ」にちなんで、サウンドトラックが素晴らしいことで有名なドラマ「踊る大捜査線」(フジテレビ系)の話で持ち切りに。

曲紹介よりも、「踊る大捜査線」の話を熱く語る菅田さんとR-指定さんに、DJ松永さんが「俺らの『サントラ』の話したい」と的確なツッコミをいれ、笑いを誘いました。

コラボ話から約1年、ようやく曲がフル解禁した今回の放送。この番組では「踊る大捜査線」に全てを持って行かれてしましたが、3人の音楽性、仕事への向き合い方が表れた楽曲に、感動したというリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
菅田将暉のオールナイトニッポン
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20200630010000
(文:藤峰あき)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル