top_line

はじめしゃちょー、UUUMから相次ぐ離脱に言及 「いい事務所だと僕は思ってます」

fumumu

有力なクリエイターたちが相次いで流出しているユーチューバー事務所のUUUM。5月末~6月頭にかけて、エミリンさんなどが退所を報告したほか、元社員としても知られるえっちゃんさんが「20%に見合うリターンがない」と、退所理由について具体的に言及しています。

そんななか、UUUMが誇るトップユーチューバー・はじめしゃちょーさんがこの退所増加問題について自身の動画で言及。話題になっています。


■「不自由を感じたことはない」

UUUMの設立日である6月27日に動画をアップしたはじめしゃちょーさん。退所増加について取り上げたものの、他のクリエイターにはあまり興味がないらしく、「ぶっちゃけ言うとどうでもいい」「とくになにも思わんですね僕は」と正直最初は少しドライな印象です。

そして、UUUMにしか所属したことがないことや、クリエイターの中でも比較的上のポジションにいるせいかもしれないとしつつ、「僕は全然不自由を感じたことはない」と自身はUUUMに対して不満を抱いていないことを明かします。


関連記事:人気ユーチューバー、UUUM退所理由に驚きの声 「正直に言うのはすごい」

■対話を重ねて歩み寄ってきた

ここまでだと「すでに確固たる地位を築いた人が、上から目線で喋っている」という風にも見えなくもないですが、本題はここから。

はじめしゃちょーさんによると、良好な関係性を築いているからといって、事務所に対して常にペコペコ低姿勢できたワケではなく、むしろ思ったことはその都度正直に伝えているそう。結果、じつはこれまでに何度もマネージャーが変わっているそうです。

小さな衝突を重ねながら、お互いに歩み寄ってきたことが伺えます。

■「いい事務所だと僕は思ってます」

動画中盤で「いい事務所だと僕は思ってます」「僕はとくに、辞めようとは思っていません」と結論づけるように言ったはじめしゃちょーさん。同時にYouTubeは結果がすべての世界であり、数値が伴わないと「それ相応のサポートが受けられないのは当たり前です」と述べます。

仮定の話として、「僕もひょっとしたら人気とかなくて、下っ端で再生数も全然とれないようなユーチューバーだったら不満とかも言ってるかもしれない」とも述べますが、それでも結果がすべての世界だということは譲れないようでした。


■「大変な世界だ」「100万人弱でも…」

今回の動画に対し、コメント欄では「大変な世界だ」「今のポジションを築くまでどれだけ大変だったんだろう」「はじめが言うからこその説得力」などの声が寄せられることに。

一方、離脱するクリエイターに対して「保証なんてない仕事だし、お金優先して当然な気がする」と理解を示す声もあるほか、「結果出ないとって言うけどだいぶ有名どころばかりやめてるやん」「100万人弱でもYouTube的にはまだまだなのか……」と、競争の熾烈さを改めて感じた様子の人も。

登録者数871万人のはじめしゃちょーさんと比べると、たしかに最近離脱したクリエイターたちは登録者数が数分の1~10分の1程度ですが、それでも十二分にスゴいのでは……と思えてしまいます。本当に厳しい世界なんですね。

★はじめしゃちょーさんの動画はこちら

(文/fumumu編集部・柊青葉

TOPICS

ランキング

ジャンル