top_line

有吉弘行、クマムシ佐藤と復縁した“ダメ男好き”な社長令嬢モデルに「早急に別れて」『有吉反省会』

テレビドガッチ


お笑いコンビ・クマムシの佐藤大樹が、6月27日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、交際している社長令嬢でモデルのデコウトミリのために、過酷な「禊」を行った。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、大久保佳代子、指原莉乃。

この日は「禊スペシャル」と題し、今年の5月に番組に出演した佐藤とデコウトが再びスタジオに登場した。3年間交際したにも関わらず佐藤の“ヒモ体質”によって破局した2人だったが、前回出演した際、佐藤が公開告白を行い、デコウトがこれを承諾。有吉を筆頭に全ての出演者が「絶対やめておいたほうがいい」と猛反対する中で、2人は復縁を果たした。

今回は、そんな佐藤への禊「ヒモだった自分を反省して、紐を使って見事な水引を作る」を実施。水引とは、ご祝儀袋や門松に使われる和紙紐で作った飾りや結びのことで、最近では水引を使ったハンドメイドアクセサリーなども人気だという。佐藤は「ミリちゃんをビックリさせたいと思います」とやる気充分。水引教室の先生にリモートで教わりながら、水引をあしらった写真立てを1週間で作ることに。

しかし、もともと不器用で飽きっぽい佐藤は、なかなか水引の基本である“あわび結び”を作ることができず、結局、一つも完成することなく初日を終えてしまう。そんな佐藤をデコウトはリモートで応援。「頑張ってる? ちゃんと食べてる?」と心配しながら、佐藤にUber Eatsでうな重を届けていた。

佐藤は、友人の我が家・坪倉由幸や相方の長谷川俊輔らに手伝ってもらいながら、なんとか1週間で写真立てを完成。写真立てをプレゼントされたデコウトは、「すごい! センス感じる」と絶賛し、「感動しました」と喜んでいた。

そんなデコウトの喜びとは裏腹に、スタジオで写真立てを見たレギュラー陣は、イマイチな出来栄えに微妙な反応。水引の飾りが端に偏って余白も多いことについて、指原が「ガランとしてます。キュとしたら、隙間が埋まるというか……」と指摘すると、大久保は端的に「ゴミみたい」と酷評していた。すると、久しぶりに登場したレギュラー反省人の岩井志麻子が「私ね、ミリちゃんの気持ちすごいわかる」とフォロー。出演者一同に対し、「ダメな男が好きなんだもん。立派な男になってほしいとか、できる男になってほしいとか思ってなくて、そういう男はむしろ嫌で、ダメな男が好きなの。どうしようもないの!」と力強く訴えた。

ダメ男好きを暴かれたデコウトは、最近も佐藤がベッドのシーツを洗っていないせいでダニに食われたエピソードを紹介し、「予期せぬことを起こしてくれるから楽しい」と全肯定。意図せずダメ男好きをアピールしてしまったデコウトに対し、有吉は「早急に別れてほしい、もったいないじゃない」と嘆いていた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル