top_line

大好きな彼に「ズボラ認定」されるNG行動集

愛カツ

大好きな人のことを考えると、ドキドキそわそわ。

そんな意中の彼に「この子、ズボラだな」と思われたら、哀しいですよね。

そこで今回は、彼にズボラと思われてしまう“NG行動”を紹介します。

脱いだらボーボー

海外などでは、脇毛などの処理をあえてしない女性もいますが、日本ではまだ多くありません。

とくに日本の男性は、「女性の脇毛やすね毛はちょっと…」と考えてしまう人が多い模様。

ありのままを愛してもらいたい、という考えの方は別ですが、そうではないなら処理をしておいたほうが無難かもしれませんね。

かかとがカッサカサ

サンダルのシーズンになると、女性同士でも自然と目についてしまう「足のお手入れ具合」

どんなにお洒落をしていても、かかとがひび割れているとズボラな人なのかなという印象を与えかねません。

素足が似合うこれからのシーズン。かかとのお手入れをしっかりして、人からズボラ認定されない自分でいられたらいいですね!

ネイルが剥げている

案外、人から見られているネイル。

携帯を持っている。手帳に記入している。お店で支払いをする……などなど日常で手を使うシーンはたくさんあります。

その数だけ、指先には無意識で視線が向かっているもの。

ネイルの剥げ対策としては、化粧ポーチに携帯用の除光シートを入れておくか、取れにくいジェルネイルにしたら、少し気持ちがラクでいられるかも!

言葉使いが汚い!

「バカじゃねえの」「クソだな」などと、汚い言葉遣いをしているとズボラどころか、「性格が荒そう」「育ちが悪いのかも」など、散々な印象を与えかねません。

しかもその言葉を一番耳にしているのは、周りの人ではなく“あなた自身”。

それならポジティブになれる、きれいな言葉を使っていきたいですよね。

でも汚い言葉使いをしがちな人は癖になっているため、直すのは大変。

そんな人には『言葉選び辞典』がおすすめです。日本にはこんなにすてきな言葉があるんだ! と発見につながると思いますよ。

気持ちがプラスになるきれいな言葉をたくさん使って、ポジティブに過ごせたらいいですね。

◯◯を楽しめない

外食をしたときに、マイマヨネーズやケチャップなどを持参してたっぷりとかける……。

素材の素朴な味を楽しめない人は、一緒に食べた相手に引かれてしまいがち。同じような趣向の方ならいいですが、素材の味を楽しみたい派の人には「雑な人」という印象になってしまう可能性も。

身体のことも考えて、バランス良く食べられるといいですね。

バッグの中身がぐちゃぐちゃ

いつも持っているかわいいバッグ。でもコンビニでお金を払うたびに、バッグをごそごそ。

「あれチケットどこだっけ」と、バッグから荷物をすべて出して調べ出す……なんてこと、やっていませんか。

ただでさえ男性は荷物が少ないもの。女性のバッグの中身がゴチャゴチャだと、ドン引きされてしまうことも。

ゴチャゴチャになりにくいバッグの中身を目指していきたいですね。

ポイントは、「ここ数日で使わなかったものは、持参しなくてもOK」と自分の中で線引きすること。

細かいものはミニポーチに入れるなど、そのままバッグに突っ込まないようにするのも手です。あとは財布を持たずにキャッシュレスもいいですね。

丁寧な暮らしをしていればOK!

多少、ズボラ認定をされたとしても、丁寧な暮らしを心がけていればそのうち伝わるもの。

すてきな女性を目指して、彼とより仲良くなれたらいいですね!

(なつくま/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル