top_line

「ドラえもん」ランドセルが巨大ロボにトランスフォーム!? のび太たちが改造した“スーパーランドセル”が話題

ダ・ヴィンチNEWS

『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

 2020年6月20日(土)のアニメ「ドラえもん」では、2本目のエピソードとして「無敵のスーパーランドセル」を放送。“万能改造自動ドライバー”によって改造されたランドセルに対し、視聴者から「もはやランドセルじゃないwww」と爆笑の声が上がっている。

「百合エンド来たーーッ」最終イベントで見せたマリアの“告白”に視聴者大興奮!/アニメ「はめふら」第12話

 ある日、学校の帰り道で散々な目に遭うのび太。自転車をよけようとして電柱にぶつかり、犬に吠えられてドブに落っこち、挙句の果てに鳥の糞をかけられてしまう。

 「これじゃ、身がもたないよ!」と嘆くのび太のために、ドラえもんが取り出したのが“万能改造自動ドライバー”。これ一本でどんな改造も自由にできるそうで、ドラえもんはのび太のランドセルに様々なお助け機能を取りつけた。

 おかげでのび太は快適な1日を送れるようになるが、その様子を見たジャイアンとスネ夫が“万能改造自動ドライバー”を横取り。ドラえもんが作ったランドセルよりもさらに高性能のランドセルを作り出し、のび太たちをボコボコにする。

 復讐心に火がついたドラえもんとのび太は、その夜再びランドセルを改造。ジャイアンとスネ夫にリベンジを申し込み、ランドセルを巨大ロボットに変身してみせた。

 その姿はランドセルの域を優に超えており、のび太が背負っているというよりランドセルに背負われているような状態に。勝負自体はのび太の圧勝で終わるものの、ネット上では「もうこれランドセルである必要性ないだろ(笑)」「まさかのトランスフォームwww」といった声が続出した。もはやランドセルの定義とは一体何なのだろう…。

■アニメ「ドラえもん」
原作:藤子・F・不二雄
脚本・制作協力:藤子プロ
出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一 ほか

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル