top_line

もっと愛情表現してほしい…男性が「好き」と言わない理由って?

愛カツ

「彼氏が滅多に『好き』と言ってくれない」「愛情表現がないから不安」

こうした悩みを抱える女性に向けて、男性が「好き」と言わない理由をご紹介していきます。

なかなか「好き」が貰えないと、もどかしい気持ちになりますよね。

「好き」という言葉には、男性ならではの考え方があるみたいです。男性の頭の中を覗いて疑問を解消していきましょう。

好きすぎて言えない

女性のことが好きすぎると、緊張や余裕の無さから「好き」が言えなくなります。

いわゆる“好き避け”のような状態。

そのため、「好き」と言ってくれないからといって、好きじゃないとは限りません。

むしろ、かなり惚れこんでいる可能性もあるくらいです。

澄ましたように見えても内心は「かわいすぎる」「どうしよう……」と慌てているのかも。

愛情表現がないと不安になっちゃいますが、“好きの表れ”ということもあるため、落ち込まなくて大丈夫ですよ。

「好き」や「愛してる」などの分かりやすい言葉以外からも、愛情を感じられる言動がないか見つけてみましょう。

態度で愛情を感じ取ってほしい

男性には“言葉より態度を重視するタイプ”もたくさんいます。

女性の方が言葉によるコミュニケーションを好み、男性は態度で愛情を示すのです。

また、ロマンチックなデートと同じくらい“普通の日常”を重視する男性も多く、ささやかな思いやりに愛情は隠れています。

「なんで好きって言ってくれないの?」と聞くのは危険。

彼からすると「言葉だけで満足するのは愛情じゃないでしょ?」という反発心が芽生えかねません。

また、同様に女性からの“愛情の込められた態度”を求めているケースもあります。

“好き”という言葉に注目しすぎて見落とさないように意識しましょう。

大事なときに言うべきと思っている

「好き」や「愛してる」に重みを感じる男性もいます。

恋愛に対して真面目な思考の持ち主だったり、「結婚を決めた人にだけ“好き”と言う」という独自ルールを持っていることも。

こうした男性に無理に「好きって言って?」と頼むと、気持ちが伴わないため不快に思われてしまいます。

価値観の違いを実感して“冷める”可能性も。

かたくなに「好き」と言わない男性は、自分なりの定義を持っていると考えられます。

そのため、彼の価値観を肯定するためにも、無理強いはしないようにしましょう。

どうしても気になるときは、彼の恋愛観を聞いてみるのもひとつの手です。

「好き」という感情がうまく理解できない

「好き」という気持ちは、シンプルに見えて理解がむずかしいこともあります。

自己肯定感が低かったり自己嫌悪を抱えていると、自分への「好きじゃない」という気持ちを他人にも重ね合わせるように。

自分を「好き」と思えない人は、同時に他人を「好き」と感じにくくなる傾向があるのです。

もちろん、「好き」と言えないとしても愛情はちゃんとあります。ただ気持ちが整理できずに戸惑っている感覚。

ちょっぴり“不器用”なのかもしれませんね。

こうした男性に愛情表現をお願いしすぎると、プレッシャーや焦りに繋がります。先に女性側から「好きだよ」と愛情を注いで、彼に愛情表現される喜びを実感させましょう。

「好き」がなくても愛情はあるみたい

「好き」という言葉はストレートな愛情表現だからこそ、安心感を得られます。

しかし、「好きと言ってくれない=好きじゃない」というわけでもありません。

女性から詰め寄ると「こんなに好きなのに……」と傷つく可能性もあるでしょう。

愛情は目に見えないから、ときには不安を感じてしまいます。

でも、不安な気持ちに負けて焦るともっと見えなくなるため、一呼吸置いて心を落ち着かせることも大切。

「彼は私のことを好きだから付き合ってる」という“揺るがない事実”に目を向けましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル