top_line

千鳥・大悟、志村けんさんの愛車購入にファン感慨 「この世で1番カッコいい」

fumumu

新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に70歳で亡くなった、志村けんさんの最後の愛弟子”である、お笑いコンビ・千鳥の大悟さんが、志村さんの愛車である「キャデラック・エスカレード」を購入したことが明らかになりました。ファンはこの事実を感慨深く感じているようです。


■「ファントム」はファンに

5月17日、志村けんさんの愛車で多くの人が乗りこなせない車種のため志村さんの所在がわかってしまうことで有名な、2007年に購入したイギリスの高級車「ロールス・ロイス」の中でも最高級な「ファントム」をファンが購入しました。

売却理由として、「志村けんさんの付き人の退職金代のため」ということが説明されています。


関連記事:志村けんさんの愛車をファンが購入 「付き人の退職金代のため」売却

■「キャデラック」は大悟さんに

志村さんは2台の愛車があったと言われていますが、「キャデラック・エスカレード」の方は大悟さんが購入したことが明らかに。

売り出された2台のうち、「ファントム」をファンが買ったことがきっかけになったようで、「それなら自分が買おう」と思ったようです。

購入価格は約500万円。大悟さんは免許を持っていないようですが、奥さんが使うかもしれないとのこと。“最後の愛弟子”の手に渡ったことで、どこか嬉しいような感慨深い思いを抱く方も多いのではないでしょうか。

■「本当に仲が良かったんだな」

ファンからは、「誰かすごい人が死ぬと、ここぞとテレビで泣くか、こんなに仲良しですとツーショットあげるか、そうゆう輩は沢山いるけど、こんなにも静かに志村けんを弔う大悟って、この世で1番カッコいいかも知れない」「大悟に渡るなら誰も文句は言わんね。志村けんも納得だと思うよ」「本当に仲が良かったんだな」と納得のいっている反応が続々。

大悟さんが免許を持っていないということで、相方のノブさんになりきってツッコミを楽しむ人も続出しました。

どちらの車も、志村けんさんのことを強く思っている人の手に渡り何よりです。志村さんにとっても、とても喜ばしい結果なのではないでしょうか。

(文/fumumu編集部・Amy

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル