top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

今話題の大人も読める注目コミック これからくる急上昇タイトル10選

エンタメウィーク(マンガ)

今話題の大人も読める注目コミック これからくる急上昇タイトル10選

メディアでたびたび紹介される人気タイトルをまとめてご紹介! アニメ化を控えている漫画から、”令和っぽい”と言われる今どきの少女漫画など、注目の作品がいっぱいです。今読んでおけばいずれ来るブームの波に乗れるかも!?


アクション+家族物語=爆笑!?「SPY×FAMILY」

画像名

【あらすじ】
冷戦状態の国を救うためにスパイ・黄昏は任務を引き受ける。ミッションの第一段階として必要なのは、なんと家族を作ること。しかし、彼が集めた偽装家族は全員ワケあり!? 暗殺者の妻と超能力者の娘を連れて、世界の危機を救う!

【おすすめポイント】
凄腕スパイ・黄昏は冷戦状態の国を救うため、敵国の政治家との接触を命じられます。そのためにまず必要なのは、敵の息子が通う名門イーデン校で開かれる懇親会に出席すること。そこで黄昏は「ロイド・フォージャー」と名乗り、寄せ集めの家族を作ることを決意。偽装家族たちが巻き起こす世界平和のかかった(?)ドタバタ劇に、笑いが止まらない!

父はスパイ、母は暗殺者、娘は超能力者という異色のメンバーが揃ったフォージャー家。お互いが素性を隠して家族を演じているため、毎度ちぐはぐな会話をしています。そのせいですれ違いや勘違いが起き、気が付けばコントのような展開に(笑)。ただしエスパーが使える娘・アーニャは人の心を読むことができるため、2人の本当の姿を知っています。それぞれが秘密を抱えつつも、時に本物の家族のように寄り添いあう姿にホロリとさせられることも。

ストーリーの面白さはもちろんのこと、ファンの心を射止めてやまないのが、アーニャのちょっとおバカな行動。父と母や周りの大人たちの心を読んでは目を白黒させたり、コロコロと変わる表情がとても可愛いんです♪ 周りの期待に応えようとしては空回りしてトラブルを起こしますが、そんなおっちょこちょいな性格さえ愛おしい! 爽快なアクションとテンポの良いコメディーのバランスがとれた傑作です。

kindleマンガを購入する

数々の賞を総なめ!注目が集まる「呪術廻戦」

画像名

【あらすじ】
例を見ない身体能力を持つ主人公・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は普通の高校生。しかし、学校に眠る「呪物」の封印が解かれたことをきっかけに、世にはびこる”呪い”と、それを滅する”呪術師“との戦いに巻き込まれていく……! 「死」をテーマにしたダークなアクション活劇です。

【おすすめポイント】
「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」や「みんなが選ぶTSUTAYA コミック大賞 2019」など、数々の賞にノミネートされている人気作品です。ファンの間ではストーリーが進むたび考察が議論されるなど、その読み応えはバツグン! 人の抱く負の感情が生み出す”呪い”をテーマにした物語で、白熱のバトルアクションが描かれます。

世にはびこる”呪い”と対峙するのは、”呪術師”と呼ばれる人々。ヒーロー的存在として描かれる呪術師ですが、実は武器に使用するのはこちらも”呪い”。悪を悪で征するダークな内容に反して、重厚に描かれる戦闘シーンは爽快です! キャラクターたちは1人1つずつ戦闘で使う個性を持っていますが、単に力同士のぶつかり合いでは終わりません。個性を最大限に引き出すため頭脳を使うクレバーなバトルが展開するため、キャラクターの強さがどこまでも未知数なのが手に汗にぎるポイント。

一見よくあるヒーローストーリーのようにも思えますが、既存作品と大きく違うのはキャラクターたちの死生観がストレートに描かれるところ。物語の冒頭で主人公・虎杖悠仁は祖父から「大勢に囲まれて死ね」と遺言を受けたり、序盤では敵に襲われた仲間に「正しく死んでほしい」と伝えるなど、要所で”死”に関するセリフが出てきます。負の感情である”呪い”とその象徴のような”死”ですが、虎杖やその仲間たちがどのように向き合っていくかを見守るのも、物語を読み進めるひとつの面白さ。アニメ化も決まり、これからさらに盛り上がることが予想される一作です。

kindleマンガを購入する

悪を悪で征す異色の少年マンガ「チェンソーマン」

画像名

【あらすじ】
主人公・デンジは超貧乏な少年。借金を返済するため「チェンソーの悪魔」であるポチ太と一緒に日夜働いていたが、「ゾンビの悪魔」に殺害されてしまう……。しかし、ポチ太はデンジに心臓を渡し、デンジは悪魔としてよみがえる! 悪魔の能力を使い悪魔を倒す、新時代のダークヒーロー誕生!

【おすすめポイント】
舞台となるのは「悪魔」が存在する世界。主人公のデンジは多額の借金を返済するため「デビルハンター」になります。「少年漫画によくある王道ストーリーかな?」と思ったあなた、本作は一味違いますよ。なんたって、主人公・デンジは物語の冒頭で敵である悪魔に憑りつかれているんです。つまり、デビルハンターでありながら”悪魔の力”を使って悪魔を退治するダークヒーローという一風変わった作品。本来なら人間VS悪魔の戦いであるべきところが、悪魔VS悪魔の戦いになるため、先の読めない物語が手に汗握ります!

今回は本作の巧妙なストーリーのポイントのひとつ、「悪魔の名前」について少しご紹介しましょう。それぞれの悪魔には「ゾンビ」や「銃」など、人間から恐れられているものの名前がついています。悪魔との闘いは人間の”恐怖心”との戦いでもあり、「怖い」という気持ちを抱くと対峙する悪魔が強くなってしまうのです。内容を読むと分かりますが、悪魔の描写はかなりホラーテイスト……。普通ならひるんでしまうところも、ちょっと変わり者なデンジにはなんてことない! 恐怖を感じないデンジが、これからどれほどの強さを手にするのかも見ものですよ。

少年漫画というと、大きな夢に向かって仲間とひたむきに努力するイメージがありますが、本作のキャラクターたちは”今っぽく”描かれているのが特徴的。なんたってデンジの夢は「普通に生きて死ぬこと」。大きな志はなくとも目の前にあることを着実にこなしていく姿勢に、心打たれるはずですよ。令和の少年漫画、ぜひ読んでみてくださいね。

kindleマンガを購入する

舞台でしか生きられない俳優たちの物語「アクタージュ」

画像名

【あらすじ】
女子高生・夜凪景は女優を目指していますが、オーディションで天才的な演技を見せるも不合格に。それは彼女の演技の”危険さ”が関係していた。夜凪に魅せられた映画監督・黒山に引っ張られ、強者たちがしのぎを削る役者の世界へ入っていく!

【おすすめポイント】
メディアでも多く取り上げられている「週刊少年ジャンプ」期待の一作。なんと本作のテーマは”演技”! バトルものが主流だった既存の少年漫画と大きくかけ離れているものの、読み始めると感情移入してしまうとファンから折り紙付きの傑作です。

主人公は女優を目指す女子高生・夜凪景。彼女には天才的な才能がありますが、唯一無二の欠点も併せ持っています。それが、「自分が経験した感情しか演技ができない」ということ。しかし、一度ゾーンに入れば役に憑依されたかのような天才女優へと豹変します。そんな夜凪と対照的に描かれるのが、ライバルの百城千世子。役にガッツリと感情を投影する夜凪に対して、百城は一切の感情を演技と割り切り芝居をします。「才能だけではやっていけない演劇の世界」で、原石と称される正反対の2人がどのように成長していくのかは見ものです!

また、作品を読み進めながら夜凪と同じ感情を読み手が追体験できるのも面白い点。人とぶつかり、受け入れあい、影響しあいながら舞台に臨む姿には、読み手の記憶がフラッシュバックするような感覚に陥るはず。一冊読み終わるころには映画を1本見たような気分に浸れるドラマチックな展開に目が離せません!

kindleマンガを購入する

人間関係の築き方を忘れた時に!「スキップとローファー」

画像名

【あらすじ】
金沢の片田舎から上京してきた女子高生・岩倉美津未。成績優秀で地元の期待を一手に背負い東京へ来ますが、都会ってなんだか怖い。ちょっと天然だけどひたむきに頑張る「みつみ」の姿に、自然と人が集まっていき……。かつての青春を思い出すほっこりストーリー♪

【おすすめポイント】
会社や学校に疲れたら、この漫画を読んでみて。主人公・みつみは田舎から上京したての女子高生。のびのびとした田舎とは違い、東京の人間関係は何とも複雑……。しかし、真面目でちょっと天然なみつみの姿はクラスメイトたちには新鮮に映るようで、不器用ながらも一生懸命な姿に、少しずつ友だちの輪が広がっていきます。

本作の魅力のひとつは「みつみの人間性」。性格のいい主人公が周りに影響を与えていくストーリーはこれまでもありましたが、みつみには強い正義感や飾り気はなく、素朴な印象を受けます。例えば、「友だちになるにはどうしたらいいんだっけ?」なんて些細な悩みに四苦八苦する様子には、読み手さえ手を差し伸べたくなるはず。そんな純真さに惹かれていくのは、登場キャラクターたちも一緒。各々が複雑なバックストーリーを抱えていますが、笑顔ですべてを包んでくれるみつみの虜に。

そんなみつみを取り巻くのは、ワケありイケメンや目立つことを嫌う女子、帰国子女の美女など、一癖あるキャラクターばかり。人に触れられたくない影の部分を持ちながらも人間関係を築こうとする葛藤は、リアルな心理描写に胸打たれるはず。自分の青春時代を思い出しながらも、キャラクターたちと一緒に心の整理ができる青春ストーリーです。

kindleマンガを購入する

突然幽霊が見えるようになったらどうする!?「見える子ちゃん」

画像名

【あらすじ】
普通の女子高生・みこの日常は、ある日突然一遍する! 普通の人には見えない異形な存在「幽霊」が見えるようになってしまうところから物語は始まります。学校や電車、ついにはベッドの中にまで現れる彼らを、みこは回避できるのか!? ちょっと怖くてガッツリ笑えるホラーコメディー。

【おすすめポイント】
もしある日突然幽霊が見えるようになったら、あなたはどうしますか? 恐怖のあまり叫んでしまうかもしれないし、驚いて腰が抜けてしまうかもしれませんよね。本作は、主人公・みこが突然幽霊が見えるようになってしまうところから物語は始まります。さて、みこは幽霊と対峙してどんな行動をとるのか……!? それが驚愕。なんと、「ミエテル?」と話しかける幽霊に無視を決め込む!(笑)

どの幽霊に対してもみこが取る行動は、徹底して「無視」をすることだけ。明後日の方向をぼうっと見て幽霊が去るのを待つみこと、見えていることを確認したい幽霊たちの攻防戦が怖くもクスッと笑ってしまいます。物語が進むにつれ様々な霊能力者にみこは助けを求めますが、今のところすべて効果はなし! いつか幽霊の呪縛から解かれて以前のように楽しく過ごせるのでしょうか。

登場人物たちの絵柄は可愛らしく描かれていますが、幽霊の絵はなんともリアル! みこと一緒に「もしかしたら現れるかも……」とドキドキしながら生活する追体験が、1ページめくるごとに体験できるのもこの作品の面白さ。夜中に読むと布団の中さえ怖く感じてしまうかもしれませんよ?

kindleマンガを購入する

死んだ妻とセカンドライフを生きる感動物語「妻、小学生になる。」

画像名

【あらすじ】
10年前に最愛の妻を亡くした新島圭介は、ずっと失意のどん底。しかしある朝現れたのは、自分は死んだ妻だと言い張る小学生! 足踏みし続けていた圭介と娘・麻衣が、母の言葉に少しずつ前を向くハートフルストーリー。

【おすすめポイント】
ハンカチ必須! 声を上げて泣いてしまう一作です。一見不思議なタイトルですが、その真相は10年前に亡くなった妻・貴恵が生まれ変わり、小学生になって現れるストーリーからきているもの。失意のどん底で生きていた夫の圭介と娘の麻衣が、再び生きる力を取り戻していくヒューマンストーリー。

冒頭の衝撃的な再会ですでに涙腺が熱くなるものの、ストーリーを読み進めるうちに読み手はある”重要な問題”に気が付き始めます。それはそれぞれのキャラクターが人生の分岐点に立たされていること。例えば夫の圭介に恋心を抱く会社の部下がいたり、生まれ変わった小学生の貴恵に思いを寄せるクラスメイトがいたりなど、それぞれが新しい人生のスタートを切りつつあるんです。登場キャラクターたちはその事実を口に出すことはありませんが、どこかでやってくる”別れ”を感じ始めます。「もし自分が圭介だったら、生まれ変わった妻に第2の人生を勧めてあげるだろうか?」、気が付くと自問自答しながら読みふけってしまいます。

非常に重いテーマのように感じますが、読み口がライトでコメディー漫画のように読めるのも本作の良い点。小学生になった貴恵は前世の記憶が残っているので、子供ながら大人びた対応で周りを驚かせます。特に大人たちから「違和感を感じる……」と怪しまれるシーンはこちらまでヒヤヒヤ! 泣きたい時や心をホッと落ち着けたい時に読んでみてくださいね。

kindleマンガを購入する

美術の知識ゼロなリア充が美大を目指す!「ブルーピリオド」

画像名

【あらすじ】
成績優秀で人気者の主人公・矢口八虎(やぐち やとら)は、なぜかいつも焦燥感に駆られる日々。しかし、ある時見つけた1枚の絵に心を奪われます。八虎は筆をとり、どんどん美術の世界へのめりこむ! 知識ゼロ、経験ゼロの八虎が美大合格目指して奮闘する青春受験物語。

【おすすめポイント】
芸術に秘められた力を感じたことはありますか? この物語の主人公・八虎も、絵画の魅力にハマってしまったうちの一人。志望大学はなんと倍率200倍を超える「東京藝術大学」を希望しますが、八虎には大きなハードルが立ちはだかります……。なんと八虎は美術の知識や経験はまったくのゼロ! 果たして超難関大学合格の夢は叶うのか!?

1巻の1話目にして目頭がグッと熱くなる瞬間は、八虎が初めて絵の魅力に気が付く瞬間。スクールカースト上位のいわゆる「リア充」と呼ばれる八虎は、友だちと遊んでいる時でさえ居心地の悪さを感じています。そんな中、美術の授業で出された課題は「私の好きな風景」の絵を描くこと。八虎が提出した絵の題名は「まどろみの中で青く見える渋谷」。その作品を見たクラスメイトたちは「八虎にはこんな風に見えてるんだな」と声をかけます。なんと次のコマでは、その言葉を聞いた八虎が感涙! 言葉を使わない美術を通して共感を得た感動の涙に、思わず胸が締め付けられます。

八虎のように本当の自分を表現できないもどかしさを感じている人って意外といるのではないでしょうか? 複雑な人間関係に揉まれて自分の好きなものを見失っている人は、きっと心に深く刺さるはず。さて、何も知らない芸術の世界に身一つで挑戦していく八虎は、見事美大合格を勝ち取ることはできるのでしょうか? 青春をもう一度思い出させてくれる傑作です。

kindleマンガを購入する

ジェンダー観にメスを入れる新時代の少女マンガ「さよならミニスカート」

画像名

【あらすじ】
学校で唯一スラックスを履いている女子・仁那には誰にも言えない大きな秘密が……。そんな彼女の周りで起こる無意識な性差別に、恐れず声を上げる仁那。そこには彼女がスカートを履かない理由が隠れていました。果たして、仁那が隠している秘密とは?

【おすすめポイント】
こんな少女漫画、今までなかった! ジェンダー観やガールズパワーを提起した異色の作品です。主人公は学校で唯一スラックスを履いて登校する女子生徒・仁那。彼女はなぜスカートを履かないのか、そうなった理由はなぜかが語られます。「この漫画に無関係な女子はいない」のキャッチコピー通り、この時代だからこそ一読したい作品です。

「男に媚びるためにスカート履いてるんだろ?」。男子生徒が発した言葉に、仁那は咄嗟に掴みかかります。「あんたらみたいな男のために履いてんじゃねぇよ」。無意識のうちに刷り込まれた性差別を仁那が指摘する様子は、まさに爽快。社会の中で生きづらさを抱えている人なら、まるで自分の気持ちを代弁してくれたかのように感じるかもしれませんね。時に仁那は「本当にそれでいいの?」と読み手をじっと見つめることも。読み進めるうちに、自分がこの物語のいち登場人物のような錯覚に陥るほどの没入感を味わえるはず!

実は「さよならミニスカート」は「りぼん」にて連載されていますが、大人の女性からの支持が高いことでも話題。知らず知らずのうちに強いられてきた「女性らしさ」や「こうあるべき」といった概念を打ち砕き、自分らしさを肯定してくれます。社会で息苦しさを感じたら、仁那の信念に触れてみてはいかがでしょうか?

kindleマンガを購入する

オムニバスで語られる高校生たちの友情物語「夢中さ、君に。」

画像名

【あらすじ】
オムニバス形式で描かれる男女4人の物語。学校を舞台に淡々と過ぎていく日常の一部をかいつまんだ、コミカルストーリー。後ろの席の暗い男子が気になる「うしろの二階堂」や、何かと話しかけてくる友だちとの物語「かわいい人」など、笑えるショートストーリーを収録。

【おすすめポイント】
高校生たちの純粋で自由な日常が描かれた一作。オムニバス形式で一冊の中にいくつもの物語が入っていますが、どのお話にも1点の共通点があります。それは登場人物2人のうち、どちらか一方が相手に「夢中」であること。知らず知らずのうちに大切な友だちになっていたり、興味がないはずの相手を目で追っていたり、その形は様々。その様子がリアルで、距離をゆっくり縮める二人につい「頑張れ!」と声をかけたくなりますよ。

4人の男女が「林くん」と出会うお話は、思わず噴出。特に一話目にあたる江間と林くんの物語は、人間味がギュッと詰まったストーリーです。なぜか江間に「可愛い」と思われていると勘違いしている林くん。「僕のこと橋本環奈だと思ってたの?」、「本を読んでた僕がかわいかった?」と、ことあるごとに江間につっかかります。最初こそ距離をとるものの、だんだん懐柔されていき……。江間が林くんの魅力に「夢中」になる最後のシーンには、笑えると同時に2人の友情に胸がほっこり温まります。

表紙のイラストからも分かるように、素朴なストーリーが本作のいいところ。淡々と過ぎる日常の中にある何気ないやりとりに、人間臭さがにじみ出ます。読み終わる頃にはなぜかキャラクターたちに友だちのような愛着を感じるはず。家でゆったりと過ごしたい時にピッタリな一冊です。

kindleマンガを購入する

どれも今後の展開が期待されるタイトルなため、一度読んで損は無し。普段はバトルものをよく読む人なら、女性向けの「さよならミニスカート」にチャレンジしてみたり、オムニバス漫画「夢中さ、君に。」を読んでみると新しい発見があるかもしれません。今年流行るかもしれない傑作タイトルを先回りで読破するチャンスです♪

TOPICS

ランキング(マンガ)

ジャンル