top_line

「ちんちんぼうずにするね」パワーワード爆誕!! 子どもの考えた物語にお母さんが絵を描いた、夢の絵本ができるまで

ダ・ヴィンチNEWS

『ちんちんぼうずのだいぼうけん』(まめ:作、よこみねさやか:絵/KADOKAWA)

ぼくの名前は ちんちんぼうず。
相棒は ちんちんのあかちゃん。
ある日 冒険に出かけたら、火事を発見!
「ぼくにまかせて!」
ちんちんぼうずの大活躍で火が消えると、そこにいたのは美しいドラゴン。
ちんちんぼうずとドラゴンは、ふたりでふしぎな世界の冒険に旅立つことに――!

フンころがしが「フンころがさず」に改名!? だけど… 自分らしく生きる勇気をくれる絵本

 Instagramフォロワー数29万人の横峰沙弥香さんが手がけた初の絵本『ちんちんぼうずのだいぼうけん』が6月25日(木)に発売されました。きっかけは、息子・まめくんの「まま、絵本作って!」の一言。まめくんが考えた物語に、お母さんが絵を付けて…。ふたりはどのように絵本を作っていったのでしょうか。親子共同制作! 夢の絵本ができるまでのお話です。

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル