top_line

浅田真央、亡き母に捧げた会心の演技とは?アスリートの大逆転ドラマに迫る『シンソウ坂上』

テレビドガッチ


6月25日に放送される『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)は、ゲストに伊達みきお(サンドウィッチマン)と夏菜を迎えて、スポーツアスリートたちの大逆転ドラマに迫っていく。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、MCの坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティ”。

まずは、記憶にも記録にも残るフィギュアスケーターとして、2017年に惜しまれつつ現役を引退した浅田真央を取り上げる。彼女が、5度目の優勝をかけて臨んだ2011年の「全日本フィギュアスケート選手権」。初日のショートプログラムでは2位だったが、翌日のフリーでは会心の演技を披露し、見事に逆転優勝を果たした。しかし、浅田はこの大会のわずか2週間前、ジュニア時代から彼女を支え続けてきた最愛の母・匡子さんを亡くしていた。大会欠場もやむなしという声が上がる状況で浅田はいかにして悲しみを乗り越え逆転で栄冠を勝ち取ったのか? そして、逆転の背景にあった、最愛の母とのある約束とは?

2000年の「シドニーオリンピック」でオール1本勝ちの末、金メダルを獲得した柔道・井上康生。5歳から柔道を始めた井上は、中学、高校、大学でタイトルを総なめ、「シドニーオリンピック」での金メダルは確実と期待されていた。順調そのもので充実した選手生活を過ごしていた井上だが、「シドニーオリンピック」前年の1999年には重要な大会で立て続けに優勝を逃してしまう。スランプに陥った井上に追い打ちを掛けるように、1999年6月に母・かず子さんが病で亡くなってしまう。井上がスランプから脱し、金メダルを獲得することができた裏には何があったのか? また、井上が「シドニーオリンピック」の表彰台で見せた驚きの行動とは?

他にも、プロゴルファー・宮里優作が苦しみ抜いた末につかんだツアー初優勝の背景にあった感動的なドラマや、設立当初は“お荷物球団”と揶揄されていた東北楽天ゴールデンイーグルスの大逆転に迫っていく。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル