top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

宇宙を舞台にのび太が大活躍!「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」(1981)

エンタメウィーク(映画)

宇宙を舞台にのび太が大活躍!「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」(1981)(C)エンタメウィーク(映画) 超空間のもつれで、偶然、のび太の部屋の下が、宇宙の星コーヤコーヤの入口になっていた。コーヤコーヤに降りたのび太とドラえもんは、洪水で流された宇宙船をさがすロップルと星猫チャミーの一家に会った。タケコプターで土に埋れた宇宙船を発見してやるドラえもん。

解説

超空間のもつれで、偶然、のび太の部屋の下が、宇宙の星コーヤコーヤの入口になっていた。コーヤコーヤに降りたのび太とドラえもんは、洪水で流された宇宙船をさがすロップルと星猫チャミーの一家に会った。タケコプターで土に埋れた宇宙船を発見してやるドラえもん。ある日、二人はジャイアン、スネオ、しずかを誘ってコーヤコーヤへ案内した。みんな重力の小さい星でとびはねて大喜びだ。この星のエネルギー源ガルタイト鉱石をひとりじめにして大もうけを企む会社があった。そして、星を無人にして星全体を爆発させ、宇宙空間に散らばった鉱石を拾い集め、手間をはぶこうとしていた。そのため、住民を追い出そうといやがらせを繰り返し、ロップルの父親も殺されてしまった。彼らは星に時限爆弾を仕掛けた。チャミーから危機を知らされたしずかたちは悪人たちに向かう。重力の小さなこの星で地球人はスーパースターだ。バットで巨大な石をボールのように打ちまくる。ドラえもんも、四次元ポケットから出したジャイロカプセルで大暴れ。のび太の射的の腕も役に立った。激戦の末、みんなの大活躍で悪人たちをやっつけることができた。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

アニメなら何でも見るさん ★★★★☆

初代・劇場版ドラえもん長編映画の第二作目。公開が1981年ということで、改めてドラえもんの歴史の長さに驚いてしまいました。そんなドラえもんが今も尚、テレビアニメや劇場版として続いているって凄いですよね。本作ではのび太が他の惑星の少年からテレパシーを受け、宇宙船と部屋の畳が繋がるところから始まります。のび太がちゃんと主人公として活躍するのも珍しいし、映画版だと優しくなるジャイアンやスネ夫たちがあまり介入してこない点では、案外シリーズの中でも珍しいのかも?また、SFの観点でも見どころ豊富な本作。例えばのび太たちが地球に戻ってからまたすぐに向こうに行っても、時間の進み方が違うので荒地が緑豊かな森になっているなど光年の概念が含まれていて面白い。さらに、のび太と仲良くなる少年ロップルの家族がビルばかりのトカイトカイ星から、自然の多い山岳地帯のコーヤコーヤ星に移住するのも、地球の我々が資源不足・環境破壊などの理由から月や他の惑星に移住する感じと似ていそう。でも、やっぱり自然豊かな場所にいけば、そこの資源を求めて大企業が開拓をしようとそこの住民を追い出そうとする……って図がリアリティ溢れすぎていて、大人向けです(笑)。


「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル