top_line

「鬼滅の刃」最新コミックス21巻、初版で“300万部”発行! 累計発行部数は8,000万部を突破

アニメ!アニメ!

「鬼滅の刃」最新コミックス21巻、初版で“300万部”発行! 累計発行部数は8,000万部を突破

先日、「週刊少年ジャンプ」での連載が完結した『鬼滅の刃』の最新コミックス21巻が2020年7月3日に発売される。21巻は初版300万部(同日発売の特装版含む)で発行、そして1~21巻のコミックス累計発行部数が8,000万部(電子版含む)を突破することが決定した。

『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴が「週刊少年ジャンプ」2016年11号~2020年24号まで連載していた和風血風剣戟譚。
2019年4月よりTOKYO MXほか全20局にてTVアニメ化を果たし、続編となる劇場版アニメ『鬼滅の刃 無限列車編』が2020年10月16日に公開される。

舞台は、大正日本。心優しき炭売りの少年・炭治郎が家を空けている間に、鬼に家族が皆殺しにされたところから物語は始まる。唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異してしまった妹・禰豆子を元に戻す為、そして家族を殺した鬼を討つ為、炭治郎は禰豆子を連れて旅に出る……。(※「禰」の偏は「ネ」が正式表記)



『鬼滅の刃』最新コミックス21巻は7月3日発売。通常版は440円(税別)、「謹製彩色人物録」32キャラシール1枚(432mm×340mm)付属の特装版は1,200円(税別)。

(C)吾峠呼世晴/集英社

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル