top_line

SNSで心がザワつく?「鈍感力」を高めて穏やかに暮らすコツ

つやプラ

「鈍感な人」と聞くと、あまり良いイメージはないかもしれませんが、「鈍感力が高い」ことは今の情報社会を軽やかに生き抜くスキルのひとつかもしれません。

キャリアカウンセラーとして、延べ3000人の支援をしてきたミニマムリッチコンサルタントの筆者が、鈍感力を高めるコツをお伝えします。

■SNSからはなれる時間をつくる

他者の情報が24時間入ってくる環境では、心が敏感になることも多いのではないでしょうか。SNSを見るたびに心がざわざわする時は、SNSからあえてはなれる時間をつくります。

スマホを「目につかない場所で充電する」「散歩の時は持っていかない」など、SNSと上手く付き合うマイルールを決めましょう。

■他者評価より自己評価

SNSの「いいね」の数など、他者からの評価が気になる時は、「自己満足でOK」と自己評価にシフトします。

他者からの評価はいつも一定ではないので、一喜一憂してしまいます。「自分が楽しいからやっている」と、気持ちを切り替えましょう。

■「ま、いっか」「とりあえず」「なんとかなる」

思考は、使う言葉にも影響されます。

「ま、いっか」「とりあえず」「なんとかなる」と呟いてみてください。鏡に向かって実際に声に出し、自分の耳で聞くとさらに効果的です。

ほかにも「100%を求めない」「半分くらいできていればOK」といったように、完璧を求めないことも大事かもしれません。必要な時には鈍感力を発揮して、心穏やかに毎日を過ごしたいですね。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田 真由子)

TOPICS

ジャンル