top_line

オードリー若林、22歳・藤田ニコルに感心「自分は牛丼食ってタバコ吸ってるだけだった」

テレビドガッチ


6月23日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、モデルにタレントなどマルチな才能を発揮し、その姿を見ない日はない程の活躍を見せる藤田ニコルに密着。原動力は「ファンの存在」と話す、彼女の7つのルールとは?

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)。ナレーションは、小野賢章が務める。

テレビ番組やCMで引っ張りだこの売れっ子タレントであり、自身のアパレルブランドのプロデュースをも手掛ける藤田。22歳とは思えないマルチな活躍を見せる彼女だが、その本業はモデルだ。“にこちゅう”と呼ばれる熱狂的なファン中心に、若者から絶大な人気を誇る。そんな彼女、今日に至るまでの足跡は、決して順風満帆ではなかったという。

ニュージーランドで生まれ、3歳で両親が離婚。母の故郷・日本へ移り住んだ。女手一つで自身と弟を育てる母の姿を見て成長した彼女。「名前が似ているから」という理由で母が買ってきた雑誌「nicola(ニコラ)」のオーディションに見事に合格し、11歳の頃からモデルの仕事を始めた。

しかし、高校2年生の頃までは全く売れなかった。学校では「あれがモデルかよ」と言われて、イジメの標的になったこともあり、何度も「辞めよう」と思ったという。そんな彼女を救ったのは、数少ないファンから届く応援メッセージだった。

「ファンのために有名になる」。努力を重ねてモデルとして雑誌の表紙を飾るまでに成長すると、バラエティ番組で“おバカキャラ”としてブレイク。その後の活躍は、言わずもがな、だ。「ファンがいてくれたからここまで乗り越えられてきた」。芸歴12年目を迎え、22歳の若さで自らのポジションを確立する。そんな藤田の7つのルールに迫る。

VTRを見ながら、藤田がまだ22歳ということを知り、驚きつつも感心するスタジオメンバーたち。自分たちが22歳の時は「ただのバカだった」(YOU)、「牛丼食ってタバコ吸ってるだけだった」(若林)と話し、笑いを誘う。そして、藤田のあるルールから、スタジオは「打ち合わせ」の話題に。打ち合わせは入念に行いたいという若林が、たまに遭遇するという「笑ってしまうタイプのディレクター」とは……?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル