top_line

林遣都主演ソーシャルディスタンスドラマ『世界は3で出来ている』見逃し配信決定!

テレビドガッチ


6月11日(木)に放送され、唯一の出演者である林遣都が一人三役に挑戦したことが話題となったソーシャルディスタンスドラマ『世界は3で出来ている』(フジテレビ系)が、6月25日(木)正午よりFODで見逃し配信されることが決定した。

同作は、脚本を『連続テレビ小説 スカーレット』の水橋文美江、監督を2020年新春に『フジテレビ開局60周年特別企画 教場』を演出した中江功が務めた。どこにでもいそうな若者三人の、アフターコロナ、ウィズコロナの今を切り取ったリアルな物語で、緊急事態宣言解除後に再会した三人の姿を通じて、ほんの一瞬でも生きることの楽しさ、おもしろさ、光を感じていただければ、という思いで企画された。そして、3密を避けるため、リモートによる打ち合わせと最小限のスタッフ・出演者で撮影は行われた。

11日にドラマが放送されると、「人々がこれまでに感じてきた気持ちをすべて代弁してくれた物語になっていてとても感動しました」「こんな時代だからこそ生まれた物語に、それをドラマという形にして見せてくれたすべての人たちに感謝しています」「林さんのお芝居がとても一人で演じているとは思えない自然さ」「ドラマっていいな! こういう時に必要なものだな!」「久々にドラマの底力を見せてもらった感じで、プロの役者とスタッフが作り上げたドラマは改めてすごいと思いました」など、番組HPには視聴者から多くの称賛の声が寄せられた。再放送やDVD化のリクエストの声もある中で、このたびFODでの見逃し配信が決まった。

プロデュースと演出を担当した中江からのコメントを以下に紹介する。

――放送後の視聴者のご意見を聞いての感想は?

放送直後から、SNS等の反響が多かったのは聞いておりました。普段は怖くてあまりSNSを見たくないのですが(笑)、試験的な作品でもあり、視聴者の方の率直なご意見を知る必要があると思い、なるべく多く読ませていただきました。「この時期だからできる」そして「林遣都さんだからできる」にこだわって制作したので、それに対する好意的なご意見をたくさんいただいたことはとても嬉しかったです。緊急事態宣言の中、企画に賛同して集まっていただき(リモートですけど)、結果短期間で高水準の映像に仕上げてくれた美術、技術、編集スタッフにも感謝でいっぱいだったので、映像に関するご意見を多数頂いたこともとても参考になりました。再放送、配信、DVD化等を望まれる方が多いことに驚きました。たった1回きりの短いドラマに熱のあるご意見をたくさんいただいたことに感謝しています。

――今回FODでの配信が決まったことについて。

繰り返しになりますが、この時期だからできる、再放送も配信もない1回きりの企画のつもりでいたので、配信が決まって正直驚き、喜びました。脚本から産まれて林遣都さんが見事に育てた3兄弟を愛していたので、もう一度3人に逢える機会を与えられたことに感謝したいです。短期間で集中したスタッフのためにも改めて観ていただけることは幸せです。これから地上波放送になる地域も含め、多くの方に観ていただけたら嬉しいです。

<あらすじ>
望月勇人(もちづき・ゆうと)、商事会社勤務、29歳。子供の頃から明るくお調子者で、すべてノリで生きてきた。今の会社も亡き父のコネで入ったのだが、入社してはや7年。さすがに仕事はノリやコネだけでは乗り切れず、すっかり落ちこぼれのサラリーマン。自他ともに認めるポンコツ。会社を辞めたいとすら思っていたところに今回の緊急事態宣言。テレワークやオンライン会議という仕事環境が一変したこの3か月で勇人はいったいどうなったか……。宣言が解除されたある日、勇人を案じていた兄・泰斗(たいと)と弟・三雄(みつお)が勇人の元にやってくる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル