top_line

A.B.C-Z・塚田僚一、初のキスシーンに挑戦!かまいたち山内は私物を勝手に売り飛ばされる!?『ウケメン』

テレビドガッチ


A.B.C-Zの塚田僚一とかまいたち(山内健司、濱家隆一)が、6月26日(金)24時55分から放送される『ウケメン』(フジテレビ、毎月1回放送、関東ローカル)に初出演。塚田は初のキスシーンに挑戦する。

同番組は、フジテレビの若手バラエティ制作チームによる“新感覚お笑いプロジェクト”。3時のヒロイン、トキヨアキイ、ひみつスナイパー健、マカロン、リンダカラーといったテレビ初出演の若手芸人たちが、新ネタ・コント・新企画に挑戦する、日本で一番フレッシュなお笑い番組。

塚田は「めっちゃ、好きです!」と“『ウケメン』愛”溢れるテンションで、新企画「3字の青春白書」に出演。舞台は、アメリカの超人気ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』ばりのハイスクールで、塚田演じる学校一のイケメン“ツカJ”は、華麗なY字バランスで登場する。ウケメンメンバーの女子たちがツカJに、お題となるキーワードを3文字のヒントで伝えるのだが1分以内で答えられないと、ツカJとヒントを与えた女子の両方に低周波ビリビリ攻撃が。一方、1分以内に正解が出ると、ツカJとその女子は“キスすることができる”というルール。

最初は調子がつかめないツカJ。容赦ないビリビリに「ああああああー」「こんな刺激初めてだぜー」と、番組のガチ演出に喜びつつもややドン引き! しかしその後、初めてのキスシーンに挑戦することになり、ツカJはドキドキが止まらず……。

福田麻貴(3時のヒロイン)が扮するアンミカならぬ“アンマキ”がプレゼンターを務める「ウケメンショッピング」。アンマキが出演者の愛用品をオススメしウケメンショッピング価格でフリマアプリにガチで“出品”する人気コーナーに、かまいたちのふたりが初登場する。実はかまいたちは『ドッキリGP』の番組宣伝のため、と聞かされスタジオ入りする。ウケメンメンバーは憧れの大先輩を前に大興奮するもふたりは『ウケメン』を知らなかった。

アンマキが、企画の趣旨を説明し取り出したのは、山内が苦労してゲットしたという日本未発売の超レアな私物だった。山内は「めちゃくちゃ高かった! なんで売るの?」と突っ込む。さらに、アンマキは、濱家が大事にしているというあるアイテムを“おまけ”でつけると言い、出品ボタンを押そうとする。山内は「俺たちのメリットって何? 知らんヤツがやっている、知らん番組だ!」と焦りまくる。

その他、選ばれし者が唐辛子入りの赤い粉を鼻から吸引する「赤いナルコス」に、四千頭身がゲスト出演。また、放送前からSNSで話題となっている、デン(リンダカラー)演じる新キャラ「地雷女デリちゃん」が登場。沸点がわかりづらい“地雷女”デリちゃんがオンライン合コンで大暴れする。

さらに、蜷川実花監督のドラマ『FOLLOWERS』のパロディコント「CALORIES」がついに完結。前回の放送後は、“本家”『FOLLOWERS』の蜷川監督や池田エライザがSNSで反応してくれたほどの話題作が、どんな結末を迎えるのか? ラストシーンには、ある有名人が特別出演する。

塚田とかまいたちからコメントが到着。以下に、紹介する。

<塚田僚一(A.B.C-Z)コメント>
――『ウケメン』の出演オファーを受けた感想は?

『ウケメン』は初回から好きだったので、うれしかったです。世代的にも『めちゃイケ』『はねるのトびら』『ピカルの定理』などのコント番組が好きで、憧れていたので。いろいろなところで“出たい”と言っていました。

――実際に出演してみていかがでしたか?

Y字バランスの登場や、アクロバットな動きにはこだわりました! 体には自信がありますし、体当たり企画もやってみたい、と思っていました。実は、視聴者として見ている時は“これってそこまで大変なのかな?”と半信半疑な部分もあったんです。でも、実際にふたを開けてみたら、ガチでした! 低周波の流し方とか……『ウケメン』チームは良い意味でクレイジーです(笑)。

――初のキスシーン挑戦はいかがでしたか?

もう、ドキドキでした! A.B.C-Zのメンバーはキスシーンの経験はありますが、僕はキャラクターや役回り的に回ってこなかったので(笑)。

――今後も『ウケメン』に出るとしたら?

過去に、ウケメンメンバーが、両親や元カレを取材されるなど、人間性の面白さも描かれていますよね。お笑いなのにドキュメンタリーでもあるんですよ。僕の人生を掘り下げられたら大変です(笑)。でも“ティッ君トッ君”みたいに体を張れるもので自分の限界を見てみたい、という部分もあります。


<かまいたち コメント>
――別番組の収録と聞かされていて登場したときの感想は?

山内:スタジオに入って『ドッキリGP』の面々ではなかったから何か違うな、と。『ウケメン』を見たことなかったので、何が何だかわからなかったです。

濱家:『ウケメン』という番組の名前は聞いたことはあったし、3時のヒロインが出ているというのは聞いていたのですが、他のメンバーは初対面で、どうなるんだろう、と。

――「ウケメンショッピング」で私物が売られてしまいましたが、今の思いは?

山内:本当に! 何の接点もない番組ですることじゃないですよね。自分の関係する番組とかレギュラーならわかるのですが。急に呼ばれて、売られる。そして知らないメンバーを見渡して……割に合わなかったです。

濱家:身を切る必要がなかったです。

山内:今からマネージャーにギャラで請求したいと思います。

濱家:給料に乗せてもらうしかないですね。僕の私物はもっと出してくれてよかったけど。リアクション難しかったなー(笑)。

――『ウケメン』の制作チームに言いたいことは?

濱家:僕たちもコント番組の経験がありますが、ウケメンメンバーは“大チャンスや!”と、たぎっていると思います。メンバー全員売れる番組にしてください。

山内:『ウケメン』のディレクターは“オラオラ系”じゃなさそうですね(笑)。メンバーとちゃんとコミュニケーションが取れていると思います。

濱家:よその番組の弁当を食べて怒られるような、僕たちが経験したことは起こらなそう(笑)。

――視聴者に見てほしいポイントは?

濱家:ふじこ(ひみつスナイパー健)がオンエアに映っていたら、応援してあげてください。

山内:ふじこの相方がまだわからない!(笑)。ロン毛(※マカロンの前嶋大翔)ではなかったし。オンエアで見極めたいですね。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル